2016年05月06日

TFCCサブスクリプション:ニードルノーズ

体力:4 知力:8 速度:7 耐久力:5
地位:6 勇気:5 火力:9 技能:7

「フォトン・エリミネーター? そいつはとっても2006年って感じじゃないの」

自惚れ屋で外面を気にかけ、常に最新の流行の先頭に立とうとするニードルノーズは、間違いなく戦場で最も洒落たディセプティコンである。最新のサイバトロン文化における斬新なものや人気のものを語りたがるその性格から、彼と遭遇しても引き金を引くことをためらうオートボットは数多い。
2人のターゲットマスターをパートナーにしている。クール仲間に自分を入れてくれるロボットとの共生を楽しむ、冷淡で落ち着いた気性のサンビーム。そしてニードルノーズとは人生観を共有せず形よりももっぱら機能を優先する、ストレスの多い機械整備士のズィパティである。

2挺の心を持った武器とは別に長距離ライフルも持っており、激しい戦闘の中にいることを好まない彼が遠くからオートボットを狙い撃つのに使われる。また4Cと言われる冷凍冷却振動キャノン(Cryo Coolant Concussion Cannon)も持っているが、それは市場で最新の武器であるからに過ぎない。戦争中でも昔の習慣はなかなか直らないものである。
posted by シグマ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

BOTCON2016:エアレーザー

体力:6 知力:7 速度:9 耐久力:5
地位:6 勇気:7 火力:5 技能:7

「女は忍んで目的を果たすのさ」

 ほとんど全ての飛行家たちと同じく、エアレーザーは地面や水面のはるか上を飛翔し、空で過ごすことを好む。卓越したスピードにもかかわらず、空中では物事がゆっくりに感じられ、下界のような衝突や喧騒もなく自由に動き、考える余裕がある。また偵察のエキスパートである彼女が全力を発揮して敵の情報を待機している地上部隊に持ち帰ることができるのも、その高高度ゆえである。

 だからと言って、彼女が戦闘に参加しないというわけではない。隠蔽式のブレードと腕搭載のフォトンキャノンを配備されたエアレーザーは、地上にあっても星々の中にいる時と変わらない有能さを示す。戦場外において他者の力や姿勢を明確に読み取り利用する能力は、大きな集団にとって、そして単独任務を好む者が1対1の状況になった時において、彼女を貴重な人材たらしめるのである。
posted by シグマ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

BOTCON2015:ダイアクロン軍需エキスパート/バーンアウト

体力:6 知力:7 速度:7 耐久力:8
地位:5 勇気:8 火力:9 技能:7

「技能と経験が調和へと導く」

 これまでの人生を通じて、ダイアはダイアクロン計画以外のことを知らなかった。計画が開始されたのと同じ年であり、両親が娘にそう名付けた由来でもある1982年に生まれたダイアに施された教育は、いつの日か入隊することと、メカパイロットとなるための訓練に絶えず専念するものであった。やがて彼女の大志は成就し、メカのバーンアウトとパートナーを組むこととなった。

 多様なメカの中では小型の側に入る傾向があるが、バーンアウトがヒューマノイドモードで備える武器の多さには目を見張るものがある。完全な戦闘状態となれば、バーンアウトはバルスライフルから一面を平野に変える破壊振動弾までの多くの兵器群を屹立させる。ダイアクロンの他のメカと同様、こうした兵器を標的に向けるのと同時にバランスと機動性を維持するのには、メカの中枢コンピューターの搭載された人工知能の補助を受けて調整が行われる。バーンアウトのAIはダイア本人の人格の複製で、どの点から見てもパイロットと同じように決然としていて克己的である。一方でその頑固さも同等であり、本質的には自分自身であるものと口論になってしまうのを避けるため、ダイアがボイスコマンド機能を切ってしまうことも多い。非常に口数の少ない女性であり、彼女にとってはコンピューターの補助なしにスーツを操縦するための激しい身体活動よりも、口を動かすことの方が疲れるのだ。
posted by シグマ at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

BOTCON2015:オートボット前線偵察員/Sgt. ハウンド

体力:7 知力:8 速度:5 耐久力:7
地位:6 勇気:10+ 火力:4 技能:9

「慎重に気を配ることから輝かしい勝利は始まる」

 第三次サイバトロン戦争を通じてオプティマスプライムの斥候を務めた軍曹ハウンドは、残忍なディセプティコンに対するオートボットの勝利に貢献した。特殊作戦将校オートボットジャズとともに、軍曹ハウンドは将軍に対して正確な情報を提供。新たに再編成されたファイヤーストーマー隊はその情報により、メガトロンによるディセプティコン星間帝国の拡張ルートを特定し、さらなる他惑星への攻撃を阻止できたのである。戦闘は軍曹ハウンドが前もって警告していた試験エネルゴン精製所に、ディセプティコンのミサイルが打ち込まれたことで終結した。だがディセプティコンは自滅したものの、その爆発は軍曹ハウンドと将軍オプティマスプライムを、世界に生じた裂け目の中へと放り込んでしまった。
 自らの宇宙における戦争が終わったことで、軍曹ハウンドは新たな故郷での安息を捜し求めようとしていた。だがあいにく数百万年に及ぶ闘争で研がれた軍事技能と警戒能力は、彼にそれを許さなかった。将軍オプティマスプライムが安全管理官チーターの任務部隊に加わった時、軍曹ハウンドも再び上官の下に参陣したのである。思い出せることは戦争と軍務のことばかりとはいえ、優しく情の深い性格は起動した日から変わっていない。彼は多くのローテックと友人になり、その中には同じく元兵士のダイアとクラインもいた。
posted by シグマ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

BOTCON2015:オートボット総司令官/ジェネラルオプティマスプライム

体力:10 知力:10 速度:8 耐久力:10
地位:10 勇気:10+ 火力:10+ 技能:10

「自由は全ての知的生命体の権利だ」

 セクター49Gにおけるメガトロンとの対峙では、ディセプティコンのリーダー自らのアップグレードされた飛行モードと、デストロニウムミサイルの速射、そして副官スタースクリームと合体した時の超高速に対抗するため、より厚い装甲と強大な火力が求められた。ディセプティコン星間帝国の外縁部にあるミルトニアでは、オートボットとディセプティコンの最終決戦となる戦いが、激しく繰り広げられていたのである。ディセプティコンは都市や建物を破壊していった。しかし将軍オプティマスプライムと、軍曹ハウンド、エアレイド、ストレイフ、ジェットファイヤー、そしてオートボットジャズからなる直属のファイヤーストーマー大隊は、素早く、勇敢に立ち上がった。戦況はそれでもなお再び膠着状態へと陥りつつあったが、弾道をそれた一発のミサイルがエネルゴンの試験体を処理中の精製所に激突したことで一変。その結果起きた爆発はメガトロンとスタースクリーム、そして情報参謀サウンドウェーブを蒸発させ、一方で世界に開いた穴は、将軍オプティマスプライムと軍曹ハウンドを呑み込んでしまう。
 アクシオム・ネクサスで再起動した将軍オプティマスプライムは、すぐに全マルチバースの保護を志す正義のリーダー達の集まり――ザ・コンボイに採用された。ザ・コンボイの他のメンバーがアクシオム・ネクサスの上層都市に滞在していたのに対し、将軍はプライムにしては珍しい外見を活かしてローテックの下層都市での任務に当たった。こうした大衆との接触により、彼はトランステック安全管理官チーターにとって貴重な道具となっていった。
posted by シグマ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

TFCC会員配布:マクシマル最高司令官/ライオコンボイ

体力:9 知力:10 速度:10 耐久力:10
地位:10 勇気:10 火力:8 技能:10

「自然の調和は、終わりなき生存闘争によって保たれるべきである」

自身の記憶が遡れる限りにおいて、ライオコンボイは構築者(ザ・ビルダーズ)から、管理する生態系の均衡を守護するよう委ねられてきた。一方で、もしマクシマルまたはプレダコンがそれぞれの敵に対して優位に立つことになれば、それが彼らの社会の衰退という結果につながることは避けられないというのが、ライオコンボイの見方である。戦争の残忍性も、彼にとっては自然淘汰の過程以外のものではない。

ライオコンボイが必ず手にしているタイフーンスタッフは、構築者よりその権威の象徴として与えられたものである。そこから間断なく発せられる催眠パルスは、半径1q以内の有機生体トランスフォーマーをすべて麻痺させる。ライオコンボイ自身にも知られていないことだが、このパルスは彼の内部のエネルゴンマトリクスにも限定的な影響を及ぼしており、構築者にも限界を完全には把握することの出来なかったその力を制限している……。
posted by シグマ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

TFCCサブスクリプション:オートボット前衛巡視員/カーザップ

体力:4 知力:7 速度:10+ 耐久力:6
地位:5 勇気:8 火力:5 技能:10

「今日の失敗よりも先に、明日の勝利を考えろ!」

地球で開始されたG2計画で生まれた若き戦士。生まれたのが日本の筑波研究所にあるブラックロック社の「ブロックタウン」ユニットであったことから、日本文化に対して深い親近感を抱いている。カーザップの人生観は、近くのダイアスピードウェイで行われるレースに対する憧れに大きく影響されている。とはいえ、彼は決して軽はずみではない。彼にとって人生とは、レース場の環状コースのようなものだ。一度のチャンスを逃したところで、時が経てば機会は再び巡ってくるだろうと楽観的に構えているのである。

フォレストナイトから獲得した能力で、自らの精神回路のスピードを1分間だけ6倍に増幅することが可能。自身が「フェーズ6」と呼ぶこの力により、戦闘の流れを落ち着いて判断し、適切な対応を行うことができる。新たなグループリーダーで寛大な外面と冷静な計画性を併せ持つオートボットラピッドに対しては非常に大きな尊敬を抱いている。しかし日本語に影響されたカーザップの英語は、彼らとの間に伝達の誤りを引き起こすことも多い。レース場ではその速さから「天羽々斬(あめのはばきり)」との異名をとり、また彼に受け継がれる日本の伝統を引合いに出して「忍びの速さ」を持つと公言するのを好む。
posted by シグマ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

TFCCサブスクリプション:ディセプティコン執行官/バリケード

体力:8 知力:5 速度:8 耐久力:6
地位:5 勇気:5 火力:5 技能:6

「残酷だって? 正義はいつだって残酷だぜ。」

 バリケードは、正義が行われるよう取り計らうという自らの望みに対して献身的である。彼に逮捕された容疑者たちにとっては不幸なことに、その正義とはディセプティコンの正義なのだ。彼は素早く、残酷で、そして多くの場合事実に疎い。獲物を観察する狩人のように、彼はディセプティコンの大望を妨げようと活動しているであろう個人を捜索すべく、サイバトロン星の街路を忍び歩く。怪しい動きをする者は誰であれ拘留され、再び姿を見せることは稀である。

 経歴上、彼はハウルバック、ガーボイル、ナイトストーカーといった多くのパートナーと組んできた。どのパートナーもいずれは他の執行吏か他の管区への異動を願い出たのではあるが、彼はついにフレンジーという真のパートナーを得ることとなった。フレンジーは尋問には秀でているが、証拠を集めたり、重要人物の追跡といった役割には必ずしも有能ではない。加えて彼は、ディセプティコンの法規に対してまるっきり無知であることも示している。容疑者が口を割るまで痛みを加えることに対する彼の情熱は狂気と紙一重だが、バリケードの完璧な事件解決率のためにはきわめて重要なのである。
posted by シグマ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

TFCC:クロミア10パイロット(エアレイザー)

役割:大隊長
「変われば変わるだけ、変わらないものもあるよ」

マクシマル政権は銀河全体の平和を維持するため、様々な方策を用いている。スマートで生意気なクロミア10のパイロットが率いているのは、パクス・サイバトロニア域外におけるならず者のプレダコン勢力の活動を阻止する任務を与えられた多くのマクシマル部隊の1つである。エアレイザーのチームは、多くのマクシマルが敢えて行こうと思わないようなプレダコン宙域奥深くにおける偵察ミッションへ派遣されることが多い。マクシマルが大切に維持している平和を守るためであれば、自ら進んで危険に身をさらす彼女の意志は、仲間のパイロット達に勇気を与える。ビークルモードでは、最大3万フィートの距離から標的を観察可能。発見したあらゆる敵知性体を、3Dヴァーチャルリアリティマップとともに再構築することができる。チタニウム装甲を備えたロボットモードでの選り抜きの武器は、格納式の光子キャノンである。

体力:6.0
知力:7.0
速度:9.0
耐久力:5.0
地位:6.0
勇気:7.0
火力:4.0
技能:7.0
posted by シグマ at 21:49| Comment(3) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

BOTCON:ユニット2(タイガトロン)

役割:保安士官
「手がかりの導くところ、拙者は追おう」

マクシマル司令部保安部隊とは、高度な訓練を受けた、マクシマル政権の一部門である。その目的は、マクシマルとプレダコンとの間に存在する脆弱な平和を守ることにあった。ユニット2はこの部隊の精鋭メンバーであり、サイバートロン星の最も厳重に守られた多くの人工物を保護する任務を任されている。高度に熟練した保安士官であり、指令があればいかなる物品や個人に対しても、あらゆる面で献身的に守ろうとする。また、並外れた追跡能力を有しており、過去においても盗まれた物品を取り戻すのに役立ってきた。マクシマル司令部保安部隊の中でも最も献身的な士官の一人でありながら、ユニット2は同僚の中で雰囲気に馴染めないと感じることが多い。任務のために彼は殆どの場合、サイバートロン星とその様々な宇宙ステーションの領域から出ることを制限されている。ユニット2は時々、自分が生まれる時代を間違えたのではないか、自分の運命は銀河のどこかに待ち受けているのではないかという思いにとらわれることがある。

体力:8.0
知力:6.0
速度:8.0
耐久力:7.0
地位:4.0
勇気:10
火力:7.0
技能:6.0
posted by シグマ at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

BOTCON:ダークサイド・ワスピネーター

役割:空中攻撃兵
「ワスピネーター、もう宇宙の噛みおもちゃになってるのはウンザリなんだい!」

彼自身の心の中では、「ワスピネーター」とは、プレダコンの序列の中でも輝かしい頂点に君臨することを運命づけられた者である。悲しいかな、その理想に対して彼の現実の能力は遠く及ばない。それはさながら、このプレダコン戦士が呪われているかのようである。ビークルモードではマッハ3.2に達することができ、局地的な反重力フィールドを生成する能力を備えている。これにより、彼は横滑りすることなく、ほとんど瞬時に停止することができる。基本的な武器はノーズコーンの両側面に組み込まれた2基のマシンガンである。ロボットモードでは、回路を撹乱するエネルギーを発射するスタンライフルを使う。オプティックセンサーからは、彼の目にするいかなる標的物に対しても、破壊ブラストを放射することができる。こうした能力にもかかわらず、仲間は彼に敬意を払わず、敵は彼を恐れない。戦いにおいて多くの場合、彼は可能な限り悲惨なやり方で片付けられてしまうのだ。しかしながらワスピネーターが頑なな精神を持っていることは否定できず、彼は決して自らの夢を諦めることはしない。メガトロンもこうした資質は認めており、自分自身の利益のために最大限利用しようとしている。

体力:7.0
知力:5.0
速度:9.0
耐久力:6.0
地位:6.0
勇気:7.0
火力:7.0
技能:6.0
posted by シグマ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

BOTCON:ダークサイド・ダイノボット

役割:戦士
「名誉を勝ち取る必要はねえ、だが絶対に失っちゃいけねえんだ」

多くのプレダコンの同胞と同じく、ダイノボットは誇り高い戦士である。彼は、強大なディセプティコン帝国を受け継ぐ生まれながらの権利があると感じている。戦史を学ぶうちにダイノボットは、ディセプティコンの凋落の原因の多くは、ディセプティコン内部での不名誉な内輪もめと権力闘争であったと結論付けた。彼は戦闘の内外に関わらず、名誉ある生き方をしようと決意した。そうした自戒こそ、勝利と究極の力に至る鍵であると彼は信じている。ロボットモードのダイノボットは、プレダコンの中でも最も技量に優れた接近戦闘員の1人である。多くの古武術を学んでおり、その時の体型に適合した我流の戦闘スタイルを創出することができる。得意技は巨大なショベルアームにエネルギーを流すことで、ブレードの先端を最高摂氏4000度までに熱し、敵の装甲を容易に切り裂いてしまう。メガトロンのもとに加わることを望むようになったのは、トライプレダカス評議会がマクシマル政権に対して明白な敵対行動を取らないことに対して、臆病と怠惰を感じたためである。

体力:8.0
知力:5.0
速度:8.0
耐久力:6.0
地位:6.0
勇気:9.0
火力:6.0
技能:6.0
posted by シグマ at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

BOTCON:ダークサイド・メガトロン

役割:プレダコン指揮官
「俺様を滅ぼさぬものは俺様の力となり……俺様を滅ぼそうとするものは消え去るのだ」

パクス・サイバトロニアの実効化とともに、多くのプレダコンは武器を下ろし、新たな平和の時代の先駆けとなった。しかし、自分たちの政府の意思に屈することなく、マクシマルの支配権を打倒する自らの道を歩み始める者たちもいた。こうした不平分子の中で最も傲慢なうちの一人が、メガトロンという恐るべき名を騙るプレダコンである。その名は、長きにわたってオートボット軍の中に恐怖を呼び起こしたものであった。古きディセプティコン指導者の偉業を物語る伝説は、追従者を集め、小規模な軍団を作り上げるだけの力をメガトロンに与えた。メガトロンは極度に狡猾で高い知能を持つ。彼にはプレダコンの戦場指揮官として培ってきた広範な戦術・戦略の知識がある。小さからぬ自らの体力を増強するため、メガトロンは基礎ボディフレームに、変形可能な外装アーマーを装着している。アーマーは軽量ながらも、最強レベルを除く殆どの全ての兵器に対応できるだけの密度を誇る。彼の小規模な兵士の集団は、かつてのディセプティコン軍団と比すれば顔色ない。しかし、メガトロンは自分がプレダコンの宿命と感じたものを成し遂げようと努め、そのためには決して立ち止まることはないだろう。

体力:10
知力:9.0
速度:7.0
耐久力:10
地位:10
勇気:10
火力:9.0
技能:10
posted by シグマ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

BOTCON:アクサロン・チーター

役割:斥候
「一番の奴は倒せないぜ」

アクサロンのクルーの中で最も若いチーターは、熱心で、衝動的で、勇敢だ。元はマクシマル司令部保安軍の士官候補生だったチーターは、自分を遠い宇宙の果てまで連れて行ってくれるような冒険を探して、そこを巣立った。この若きマクシマルにリーダーシップの資質を見出したオプティマスプライマルは、彼をアクサロンのクルーとして採用し、探査任務が彼の天性の才能を伸ばす助けとなり、またその間、彼のあり余る熱意を抑制する術を教えることができると期待した。チーターの行動の根元にあるのは、彼が「ビッグボット」と呼ぶオプティマスプライマルのような、偶像視している年長のマクシマル達に対して、自分自身の力を証明してみせようという願望である。アクサロンに乗るマクシマルの中で最も速いチーターは、ビークルモードにおいて、1500マイルの範囲内で時速550マイルのスピードに達することが可能である。彼の特別設計されたエンジンブロックは、攻撃に際しては、二連装のクェーサーキャノンに転用される。アクサロンのクルー仲間は、時に彼に対してもどかしさを表明するが、結局のところ、彼らは全員、彼の成長と発達の助けにならなくてはという責任感を抱いているのだ。

体力:5.0
知力:5.0
速度:10
耐久力:7.0
地位:6.0
勇気:9.0
火力:7.0
技能:7.0
posted by シグマ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

BOTCON:アクサロン・ラットトラップ

役割:スパイ
「正直者になりゃ、敵も味方も尊敬してくれるもんさ」

マクシマル司令部のためのスパイとしての職務により、ラットトラップは、サイバートロン星の暗い下水の底から、異世界の森林にいたるまで派遣されて回ってきた。この小さなマクシマルの中に根深い自信を作り上げているのは、数々の経験だが、同時にそれは、チームメイトをたびたび苛立たせる態度を助長してもいる。単独で行動し、我が道を歩んできたラットトラップは、誰かが自分の好まない行動を提案する時、真っ先に愚図りだす男である。不平を言いながらも、ラットトラップは賢く狡猾な戦士であり、彼を甘く見た者達は、多くの場合それを後悔することになる。ロボットとビークルの両モードで二連装のマシンガンキャノンを主武器として持つ一方、囮ビーコンや時限爆弾を初めとするおびただしい量の道具類を携行しており、作戦の助けとしている。アクサロンのクルーに加わったのは、策謀に満ちた生活を一休みしようと望んだからで、自分の普段の任務に比べれば、これは休暇のようなものだと思っている。オプティマスプライマルは、ラットトラップの豊富な経験基盤を認めており、非常に喜んで彼をクルーに迎え入れた。時に後悔することになる判断ではあったが。

体力:6.0
知力:7.0
速度:9.0
耐久力:5.0
地位:5.0
勇気:8.0
火力:7.0
技能:7.0
posted by シグマ at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

BOTCON:アクサロン・ライノックス

役割:戦略防衛員
「自由を守る力は、悪に使われる力にいつでも打ち勝つんだな」

ライノックスの力強い姿を見て、恐るべき破壊マシーンとして設計されたのだと想像する者もいるだろう。しかし実際には、この大柄なマクシマルは、生涯出会い得る中でも最も偉大な人物の一人である。彼の全存在は、宇宙を漂う巨大生物から、矮小な昆虫まで、生命を守るということに集約されている。防衛スペシャリストとしての役割は、恐ろしい容姿とはそぐわない印象を与えるが、見誤ってはならない、戦闘においてはライノックスは戦場で最も勇猛かつ有能な戦力の一つなのである。ロボットモードでは、ライノックスは接近しての格闘戦に熟達しており、最小の動きで最大のダメージを与える獣のようなスタイルを用いる。高密度の装甲によって、殆どの形態の通常の火力から身を守る。ビークルモードでは、ショベルによって最大5万トンを持ち上げることが可能。このショベルは、ライノックスが自ら開発した合金で構成されており、殆どのエネルギー兵器の砲撃を、その熱源へとはね返してしまう。たいていは真面目であるが、ライノックスは卑劣でも意地悪でもない、気のいいユーモアのセンスの持ち主でもある。防衛における技術と戦術のエキスパートである一方、兵器開発や冶金を含む工学に関する広範な知識も持ち合わせている。こうしたものは、オプティマスプライマルがライノックスの能力や助言を最大限に尊重する理由のごく一部でしかない。

体力:9.0
知力:8.0
速度:5.0
耐久力:9.0
地位:8.0
勇気:10
火力:7.0
技能:6.0
posted by シグマ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

BOTCON:アクサロン・オプティマスプライマル

役割:スターシップ船長
「平和とは対立がなく、正義があることだ」

プレダコン軍団の敗北に終わった先のグレートウォーのベテランであるオプティマスプライマルは、マクシマルの哲学的理想の多くを体現する存在である。彼は英雄的な人物であり、自己犠牲とも引き換えのその手腕はとどまるところを知らない。戦争と対立が自己の存在にとっての悲しむべき現実であることを理解する一方で、過去の世代の歴史的、科学的な記録を学ぶことに重点を置いてきた。長きにわたる勤めを支えてきたのは、彼の崇敬するオリジナルのオプティマスプライマルというはかりであったと、彼は信じている。標準的な戦闘プロトコルに対する広範な理解がある一方、時に慣例にとらわれない、しかし独創的な戦術を用いて、任務を成功に導いてきた。ビークルモードにおいては、ブースターによって短距離集中で最大時速350マイルで移動することが可能。ロボットモードの時は、ブースターは前方に展開してミサイルランチャーとなり、独立して2つの標的をロックすることが可能である。また、ブースターはロボットモードでの飛行にも使われる。常に戦いには備えている一方で、現在のアクサロンに乗っての探査任務が、銀河の平和と調和を目指すマクシマルにとって象徴的なものであると彼は信じている。

体力:10
知力:9.0
速度:9.0
耐久力:10
地位:10
勇気:10
火力:7.0
技能:9.0
posted by シグマ at 23:04| Comment(7) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

BOTCON:フレイムウォー

役割:トライプレダカス・エージェント
「過去を忘れる事は未来を破滅させる事ね」

プロフィール
フレイムウォーは第一次グレートウォーの時、メガトロンの軍の最初のメンバーの一人であった。以来、彼女は戦士から科学者まであらゆる役割で仕えてきた。トライプレダカス評議会のエージェントという現在の役割において、彼女はプレダコン連合が権力の座につき、いつの日かオートボットとマクシマルを打ち破る事を望んでいる。彼女はデスザラスを含む現在のディセプティコンの将軍のグループには軽蔑の念を抱いている。フレイムウォーは彼らを、彼女が今日も失われた事を嘆くメガトロンの弱々しい模倣者としてしか見ていない。表面上、彼女は虚勢を張っているが、心の奥底では遠く失われた日々を悲しみと怒りをもって恋しがっているのである。

能力
現在のボディの図案をオートボットから盗み出したフレイムウォーは、自らの能力を向上させるための改良を加えた。彼女のボディは低レベルのフォースフィールドを作る事が出来、それによって実質上摩擦を消す事で、ロボットモード、ビークルモードともに高速に達する事が可能となる。ビークルモードでのスピードは、時速640kmを超えると計測されている。さらに、武器の射程と命中率は、本来の図案に指示されたものを上回るものである。フレイムウォーは極めて聡明で、戦闘において熟練している。

弱点
過去に囚われやすいフレイムウォーの傾向は、現在の行動に関する彼女の判断を時に曇らせる事がある。

体力:7.6
知力:9.2
速度:9.4
耐久力:7.2
地位:5.0
勇気:9.0
火力:7.3
技能:8.3
posted by シグマ at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

TFCC:ランドクェイク

所属:ディセプティコン 兵士/エネルゴンスペシャリスト
専門:エネルゴン精錬、エネルゴンプラズマ物理学、エネルゴン構造力学
武器:スモークディスペンサー、二連重連発オートショットガン、独立標的型EMパルスキャノン、ジャンプジェット、エネルゴンプラズマ兵器
特質:オムニコンと同じ方法で天然エネルゴンの精錬、造形が可能

 ランドクェイクはサイバートロン内戦の始まりよりメガトロンに仕え続けている。カリス精錬所のエネルゴン供給分析員であった彼は、自らの運命がより大きな目的を持っているという予感に取りつかれていった。ミニコン集落への最初の攻撃において彼は、ディセプティコンの大義こそその大きな運命に到達する方法と考え、メガトロンと運命をともにした。だが数世紀にわたるディセプティコンとの協力の結果、彼は自分がかつて信じた行動がリーダーのエゴのための手段に過ぎないのだと知る。彼は割り当てられた任務を完全に身を捧げる覚悟がないまま引き受ける。自分を疑うが故に思い込みにとらわれ、本物の軍隊の硬直した構造を求めながら、彼はメガトロンのための仕事を、かつての精錬所の仕事とほとんど同じように退屈だと感じる事が多い。
 ランドクェイクは戦いにおいては恐るべき相手である。彼のEMパルスキャノンは強固な標的の回路をも撹乱する事ができ、エネルゴンプラズマ兵器からの砲撃は侮りがたく、近距離で多数の小中サイズの標的を破壊するのに十分なほどである。ロケットの補助を受けた跳躍および滑空では、油断した敵に対し痛烈な奇襲を企てる事が出来る。長きにわたってエネルゴンにさらされたた結果、彼はオムニコンさえも上回るエネルゴンの精錬、造形の能力を得ている。十分な天然エネルゴンの供給があれば、彼は膨大な兵器の隊列を作る事が出来る。

「用いる力に敬意を払え、そうすれば力は同じように応えてくれるだろう」
posted by シグマ at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

BOTCON:デスザラス

役割:ディセプティコン将軍
「我が敵に死の栄誉を、我に勝利の栄誉を!」

プロフィール
何世紀も前にオートボットのスターセイバーに敗れた後、デスザラスはディセプティコン軍の将軍の一人として英気を養っていた。多くの軍事作戦を成功に導きながら、彼はオートボットとマクシマルがディセプティコン・プレダコン連合を圧倒し始めていくのに不満を募らせていった。彼の究極的な目標は、自らの破壊大帝の称号を復活させ、ディセプティコン帝国の昔日の栄光を取り戻す事にある。狂暴、残忍、かつ有能なデスザラスは、決して過小評価されるべきではない。デスザラスはインセクティコンクローンを使い、自らの権力基盤を強化する事を望んでいる。

能力
デスザラスの新たな形態は、ドラゴンモード、空中ビークルモード、高速地上モードなど、それぞれ性質の異なる6つの変形を行なえるよう作り変えられている。これらの形態に2本のエネルゴンブレードを加え、彼は恐るべき敵となっている、彼の翼に特有の物質を利用する事で、太陽光をどのような種類の金属をも触れるだけで腐食させる闇のエネルギーに変換する事が出来る。デスザラスは最強のディセプティコンの一人である。

弱点
デスザラスは傲慢さ故、自らの計画を成功間違い無しと思い込んでしまう。このため、彼はその潜在的な欠陥を見逃す事がある。

体力:9.0
知力:8.0
速度:7.6
耐久力:9.2
地位:9.0
勇気:8.5
火力:8.3
技能:8.7
posted by シグマ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。