2006年11月07日

BW10th:ワスピネーター

ワスピネーター、どうして自分がこんな所にいるのかだって分からないよ!メガトロンにこき使われて、ワスピネーターはいつもバラバラに吹き飛ばされるばっかりだし!もうサイバトロンの鼠ロボットの備蓄パーツのコレクションになるのはうんざりだ!ワスピネーターにはでっかい目標があるんだい!でっかい目標には馬鹿馬鹿しいビーストウォーズなんて関係ないもんね!今から、ワスピネーターは自分ひとりでやらせてもらうよ!

体力:8
知力:5
速度:8
耐久力:5
地位:6
勇気:7
火力:7
技能:6
posted by シグマ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

BW10th:チーター

マクシマルのクルーの中で最も若いチーターは、熱しやすく、衝動的で、時には全くの単純馬鹿である。若者特有の自信過剰に信じられないほどのスピードが加わると、彼はたちまち深刻なトラブルに陥りかねず、しかも彼にはそこから抜け出すための技量が欠けているのだ。もっとも、マクシマルの仲間に印象付けようとする彼の無謀な欲求の下には、誇り高く有能な戦士の心があり、将来のリーダーとしての大きな可能性も秘めている。

体力:6
知力:5
速度:10
耐久力:8
地位:6
勇気:9
火力:7
技能:7
posted by シグマ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

BW10th:プレダコンタランチュラス

プレダコンのタランチュラスは、裏切りの権化そのものである。プレダコンのスパイとして、彼は全面的に、時が来た時にはメガトロンを裏切り、破壊するつもりである。しかし、この悪臭のする泥玉の惑星に取り残されて以来、彼の企みと野望は増大していった。謎の存在ヴォークのエイリアン技術との接触は、彼に真の力の味を教え、それを自らのものとして手に入れるためには、彼はどんな事でもやってのけるであろう。

体力:4
知力:10
速度:7
耐久力:6
地位:8
勇気:4
火力:6
技能:9
posted by シグマ at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

BW10th:ダイノボット

心の底からの戦士であるダイノボットは、戦闘に勝利するという名誉のためだけに生きている。メガトロンの強欲と卑劣に愛想を尽かし、マクシマルのリーダーに命の借りを負った彼は、オプティマスプライマルのもとに加わった。何人かのマクシマルからは決して全面的な信頼を得る事がかなわなかったダイノボットだが、その強固な仁義と達観した気性は、常に彼に勝利への道を切り開いた。彼はビーストウォーズに散った多くの者の一人であり、圧倒的なプレダコンの攻撃に対して勇敢に戦い、自らの命を投げ打ったのである。

体力:8
知力:7
速度:9
耐久力:9
地位:6
勇気:9
火力:6
技能:9
posted by シグマ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

BW10th:ライノックス

マクシマルのナンバー2で科学士官主任でもあるライノックスは、戦いに参加するよりもアクサロンの艦上にある自分の部署で待機する事を好む。しかし、だからと言って、彼は戦う事が出来ないという事ではない。それどころか、三重装甲の皮膚と膨大な量の中距離及び接近戦用の武器によって、彼はいかに頑強な敵にとっても危険な相手となっている。ライノックスがマクシマルの防衛の最終線上にいるのにはもっともな理由がある。外辺部が突破され、全ての武器システムがダウンした後でも、これまで誰一人として彼の前を通過できた者はいないのだ。

体力:9
知力:8
速度:3
耐久力:9
地位:8
勇気:10
火力:6
技能:6
posted by シグマ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

TITANIUM:オプティマスプライム

 グラビタスおよびエンシェント議会のメンバー達は語った。オートボットの命運は、オプトロニクスという記録員の双肩にかかる事が決まっていたのだと。最初のうちはオプトロニクスはこの大いなる責任を引き受ける事を渋っていたが、やがて彼は全トランスフォーマーにとっての破滅的な危険がかかわる事を理解していく。

 オプトロニクスはマトリクスの力を授けられると、オプティマスプライムというリーダーとしての名前を与えられた。それは、ディセプティコンとの戦争だけではなく、彼らの内に存在する自滅的な戦争から逃れるために、オートボットがサイバートロン星から去るのを彼が導かねばならないという天啓であった。時空の境界にまたがったメガトロンとの壮絶な戦いの後、オプティマスは、やがて進歩し、彼の種族の最も絶望的な時に必要とされるリーダーシップをもたらすパワーが自らの内にある事に気が付く。

体力:10
知力:10
速度:6
耐久力:8
地位:10
勇気:8
火力:7
技能:8

特記事項
故センチネルプライムよりマトリクスを継承
posted by シグマ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

TITANIUM:サンダークラッカー

 サンダークラッカーは彼独特の音響能力によってその名が付けられた。低い高度とスピードにおいても、彼はエンジンのインテークを通じて極度に圧縮された空気のパルスを押し出し、一気に加速する事と、強化ガラスを粉砕し無防備なオーディオ器官を聾するソニックブームを発生させる事を可能とする。彼はまた、自らのソニックブームを調整して、標的の感覚プロセッサーに影響を及ぼす事が可能であり、パニックや恐怖を引き起こす。

 メガトロン自らによってディセプティコン運動に登用され、スタースクリーム麾下の精鋭、シーカー大隊に配属されたサンダークラッカーは、サイバートロン星においても地球においても、恐ろしく有能な戦士である事を自ら証明した。同僚のシーカーであるスカイワープと並んで、彼はオルティヘックスにあったオートボットの拠点を攻撃、破壊し、同様にプロティヘックスを破壊する事にもほぼ成功した。

体力:7
知力:7
速度:9
耐久力:7
地位:5
勇気:5
火力:8
技能:7

特記事項
周波数を調整したソニックブーム
posted by シグマ at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

TITANIUM:メガトロン

 メガトロンは愚か者には容赦しない。にもかかわらず今ここに、彼はマトリクスの力によって、にたにたと笑うフードをかぶった自慢家の人間の命令に従う事を強制されてしまっているのだ。しかし、忍耐がなければメガトロンの存在は無価値である。それまでは金切り声の間抜けなコブラコマンダーに、装飾品や財宝を集めさせてやれば良い。メガトロンは注意深く見守り、反撃の時を待つだろう。

 彼のチャンスは驚くべき事に、オートボットによってもたらされた。彼らとG.I.ジョーの共同作戦が、コブラの外部防衛施設を壊滅させたのだ。コブラコマンダーの気違いじみた戦術によって、自らの兵士達が焦熱地獄へと送り込まれるうちに、メガトロンは一つの欲求を心の前面に抱いた。そして彼はオートボットがたどり着く前に、自分を苦しめてきた者が息絶え、マトリクスが自らの手の内にあるのを見る事になるのである。

体力:10
知力:9
速度:5
耐久力:9
地位:10
勇気:10
火力:8
技能:7

特記事項
以前にセンチネルプライムを撃破
posted by シグマ at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

TITANIUM:ジェットファイア

 オートボットとディセプティコンの間でグレートウォーが勃発する以前、ジェットファイアはスタースクリームのパートナーであり友人であった。二人はは兄弟のように親しく、一人は穏やかで理性的で滅多に怒らなかった一方、もう一人は疑り深く、気まぐれで、傲慢であった。スタースクリームがディセプティコンに加わって、サイバートロン星のオートボットが守る都市を攻撃した時、ジェットファイアはどちらに付くべきかなかなか決める事は出来なかった。彼は主として無防備なオートボットに対する虐殺に加わる事に躊躇したが、自分が友と見なした者に対しても武器を手に取りたくはなかったのである。

 しかし、ディセプティコンの背信行為の全体規模が明らかになると、ジェットファイアは無条件でオートボットに加わった。スタースクリームの裏切りに対して彼が感じた怒りは決して衰える事はなかった。彼は事あるごとにかつての友人と戦った。多くの戦場の上空は、二人の熟練した飛行家のドッグファイトに次ぐドッグファイトで交える砲火によって満たされたが、未だどちらも他方を完全に破壊するまでには至っていない。

体力:6
知力:10
速度:10
耐久力:5
地位:10
勇気:9
火力:7
技能:9

特記事項
地球の北極圏においてステイシスロック状態で凍結
posted by シグマ at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。