2005年08月24日

MTMTE:クローニング技術

クローニング技術の開発 THE DEVELOPMENT OF CLONING TECHNOLOGY
トランスフォーマーの形成における、ある種の偶発的な自然異常によって、スパーク(参照:スパーク)の分裂が起こる。これにより、サイバトロンのランボルとサンストリーカーといったような、複数の近親の存在が生み出される。この過程を人工的に再現したものが、クローニング技術の開発へと繋がった。クローニング技術は、ロボットモード、または変形モードで(多くは前者である)、いくつかの同一の特徴を持った2体以上の存在を作り出す事を明確に意図している。この点で、通常のトランスフォーマーの誕生と区別される。クローンされたセイバートロニアンは、いくらかの基本的な人格上の性質を同じとする事が多いが、彼らはその起源に関わらず、本質的にはそれぞれ異なるものである。自然のスパーク分裂は未だはるかに高度な作用であり、より釣り合いが取れ、より共依存性が少ないものが生み出される。クローンの製法は多くの場合、誕生を待つプロトフォームが浮かぶところに、一連のクローニングチューブを使用する事で行なわれる。スパークがチューブの間で分裂し、隔てられると、機械は自動的にその結果をスキャンし、あらかじめプログラムされた変数集合に基づくそっくりの存在を組み立てるよう、チューブに指示する。様々な種類のクローンを作る事ができ、ロボットモードや変形モードが同じ者の他、完全に同一の者もいる。後者の場合、該当のロボット達は、配色を変えたり、肉体的に微細な変化を加える事で、互いを区別している。
posted by シグマ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | MORE THAN MEETS THE EYE(G1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック