2005年08月22日

MTMTE:アーク

アーク THE ARK
セイバートロン(参照:セイバートロン)の歴史上、最も優れた宇宙船。アークは本来、セイバートロンを離れるという、サイバトロン(参照:サイバトロン)の指揮を引き継いだ際のコンボイの最初の計画の一部として建造された。状況によってコンボイがその行動の方針を断念した後も、アークの建造は続けられた。もっともそれは、サイバトロンとデストロンの戦争の拡大や、その結果として生じた資源の欠乏によって大幅に遅れる事となったが。こうした制約にもかかわらず、設計チーム(ホイルジャック、ドラッグ、グラップルが率いた)は、コンボイから、最高の部品と装備だけを求めていくよう命じられた。彼はアークで、セイバートロン外の探査、エネルゴン(参照:エネルゴン)の捜索を支援し、そしてまた、デストロンに脅かされた他の惑星に向かう事を計画していた。アークの処女航海は、戦艦ネメシス(参照:ネメシス)からのデストロンの襲撃部隊に攻撃され、侵入されるという悲劇に見舞われた。両勢力を乗せたまま地球(参照:地球)に墜落したアークは、その内部とともに、その惑星の暦にして400万年以上の殆どを、ずっと静かにとどまっていた。地球型のセイバートロニアン(参照:セイバートロン-住人)が、アークのオンボードコンピューターによって再び目覚めてからは、墜落した船はサイバトロンの作戦基地としての役割を担った。

専門的詳細 TECHNICAL SPECIFICATIONS
アークは、およそ300体のセイバートロニアン生物を収容するのに十分な広さ、装備、居住区を備えた巨大な宇宙船である。生活区域とレクリエーションスペースに加え、アークには進歩した工学および医療ベイがある。開発されたばかりのトランスワープ技術(参照:トランスワープドライブ)を利用した最初の宇宙船の一つであり、次元ワームホールを使って、物質的な宇宙航行に必要なわずかな時間で、膨大な距離を越える事ができる。ハンガーベイには複数のシャトルを収容する事が可能。またアークには、プライマスの契約の書(参照:マトリクス)を含む儀式用のデータトラック一式も積まれている。

テレトラン1 TELETRAN-1
おそらくアークのもっとも価値ある資産は、前述のオンボードコンピューター、テレトラン1であろう。テレトラン1は比類なき論理考と分析能力を備え、また、4800kmの有効範囲を持つ通信ステーションとしての役割も果たす。その最も強力な能力は、スキャニング技術にある。これは周囲の環境を分析して、リフォーマットプログラムを起動し、トランスフォーマーの変形モードを現場に適応した形に作り変えるものである。地球で戦争を再開したサイバトロンとデストロンを目覚めさせたのは、このシステムである。
posted by シグマ at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | MORE THAN MEETS THE EYE(G1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック