2014年11月21日

TALES OF BEAST HUNTERS: Chapter 15 GRIMWING

The higher he soars into the unfamiliar sky, the more his mind clears. GRIMWING remembers his time in the Hyperevolution Chamber. He remembers the "lessons" fed directly into his brain by SHOCKWAVE. But he also knows there must be more to the world into which he has been reborn, and he is determined to discover it. That's when his highly sensitive optics spot a Cybertronian signature on the ground below. Judging by the size and power of the stranger, he knows it must be a brother warrior - a kindred spirit. "Yes! Fight!" screeches BLACKBEAK, but GRIMWING shakes his head. "No. We seek knowledge, not battle. For now," he says, and banks, descending towards the distant stranger.

見知らぬ空を高く飛べば飛ぶほどに、彼の精神ははっきりとしてきた。グリムウイングはハイパーエボリューションチェンバーの中で過ごした時間を思い出していた。ショックウェーブによって頭脳に直接流し込まれた「授業」も覚えていたが、同時に彼は自らが生まれ変わったこの世界にそれ以上のものがある事も理解しており、それを探し出すことを決意した。その時、彼のきわめて鋭い目は、地上にいるサイバトロニアンの反応を捉える。その未知の者は大きさとパワーから判断するに、自分の兄弟戦士――同種の魂に違いないと、彼には分かった。「ソウダ! タタカエ!」ブラックビークが甲高く騒ぐ。だがグリムウイングは頭を振った。「いや、探しているのは情報だ、戦いではない。今はな」彼はそう言って体を傾け、遠くにいる未知の者に向かい降りていった。
posted by シグマ at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | TALES OF BEAST HUNTERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。