2014年11月20日

TALES OF BEAST HUNTERS: Chapter 14 DREADWING

DREADWING has known STARSCREAM for too long for the cowardly Seeker to hide from him. Still, when he smashes into his former commander’s hiding place, he expects a vicious fight, and is surprised to instead find STARSCREAM with his weapons lowered. “Listen!” STARSCREAM says. “Since when do I flee the moment MEGATRON is out of the picture? If he was deactivated because of me, I’d take command! As is my destiny!” DREADWING aches to blast his fellow air warrior to atoms, but he knows STARSCREAM is telling the truth. He levels a finger at the other DECEPTICON. “You will help me find Megatron then. Find him and bring him back.”

ドレッドウイングはスタースクリームのことを、追っ手から隠れる臆病なジェットロンとしてあまりにも長く熟知していた。それでもなお、かつての仲間の隠れ家に殴り込む時には激しい戦いがあることを予期していたのだが、驚いたことに見つけたスタースクリームは武器を下ろしていた。「聞いてくれ!」スタースクリームは言った。「いつから俺がメガトロンがいなくなった機会を見逃すようになった? もしあいつがくたばったのが俺のせいだったら、俺はリーダーになるぞ! それが俺の運命だからな!」ドレッドウイングはこの航空兵の同僚を原子にまで吹き飛ばしてやりたい衝動に駆られたが、スタースクリームが真実を言っていることは分かった。彼はもう一人のディセプティコンに指を突きつけた。「だったらメガトロン様を探すのを手伝え。見つけてお戻り頂くのだ」


posted by シグマ at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | TALES OF BEAST HUNTERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。