2014年11月18日

TALES OF BEAST HUNTERS: Chapter 13 AUTOBOT RATCHET

AUTOBOT RATCHET scowls at the data discs recovered from the DECEPTICON lab by SMOKESCREEN. Most of them are useless - charred or cracked by the same plasma bursts that had rendered the AUTOBOT warrior himself nearly unable to return to base. But a few have shocking information on them. Information that not only reveals much about the cloning process used to bring the PREDACONS back to life, but also about the secrets of the powerful new weapons recovered by BUMBLEBEE.

ラチェットは、スモークスクリーンがディセプティコンの研究所から見つけてきたデータディスクを睨みつけていた。その多くは使えないものだった――プラズマ爆発によって焦げているか割れているかで、持ち帰ってきたオートボット戦士自身も危うく基地に戻れなくなるところであった。しかし、その中には僅かながら驚くべき情報もあったのである。その情報には、プレダコンを甦らせたクローン製法について多くを解き明かすものだけでなく、バンブルビーが見つけた強力な新兵器の秘密についてのものもあったのだ。


posted by シグマ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | TALES OF BEAST HUNTERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。