2014年11月17日

TALES OF BEAST HUNTERS: Chapter 12 SKYSTALKER

SKYSTALKER slides from the murky numbness of his Hyperevolution Chamber and into the heat of battle. His spark aches to join the battle, but his instincts tell him to wait, to understand where he is. Even as the battle between SHOCKWAVE and SMOKESCREEN continues to rage, he takes a moment to look around. He stands in a room full of unfamiliar equipment -a room he nonetheless recognizes as a laboratory. A laboratory in which he - and possibly other PREDACONS - have been experimented on. His cold, calculating mind is suddenly submerged in anger. His wings spread, and a devastating barrage of white-hot discs fly, burning, blasting and melting all around him.

スカイストーカーは、ハイパーエボリューションチェンバーの薄暗い無感覚の中から、激闘の真っただ中へと滑り出した。彼のスパークは戦いに加わりたいとうずいたが、本能は彼にとどまって自らがどこにいるかを把握するよう告げていた。ショックウェーブとスモークスクリーンの間で激しく戦いが繰り広げられる中、彼は一旦周囲を見回した。彼が立っていたのは、見慣れない装置が満載された一室――それでも彼はそこを研究所と認めた。彼が――おそらくは他のプレダコンも――実験されていた研究所である。彼の冷たく、計算高い精神は、突如として怒りの中に沈んだ。広げられた彼の翼から、白熱したディスクの破壊的な弾幕が放たれ、周囲にあるもの全てを燃やし、吹き飛ばし、そして溶かした。


posted by シグマ at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | TALES OF BEAST HUNTERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。