2014年11月14日

TALES OF BEAST HUNTERS: Chapter 10 SMOKESCREEN

With BUMBLEBEE injured and BULKHEAD near total shutdown, it's up to SMOKESCREEN to discover where these new and dangerous PREDACONS are coming from. Luckily, the AUTOBOT trickster is also a capable spy, and soon he finds himself creeping through the shadows of a remote DECEPTICON lab. At first, he think the place is abandoned. Then he discovers a room lined with large glass chambers, each one filled with a strange, murky liquid, and the vague outline of a beasty machine. Satisfied that he's discovered exactly what OPTIMUS PRIME needs to know, he turns to leave, only to find SHOCKWAVE blocking his way. "You should not have come here," the DECEPTICON scientist says, raising his laser cannon.

バンブルビーが傷つき、バルクヘッドも完全シャットダウン寸前という中で、この新しく危険なプレダコンたちがどこから来たのかを見つけられるかはスモークスクリーンにかかっていた。幸運なことに、このオートボットのいたずら者は有能なスパイでもあり、すぐに彼は僻地にあるディセプティコンの研究所の影に忍び込んでいた。最初、彼はこの場所を放棄されたものと思っていた。それからすぐ、彼は複数の巨大なガラスの水槽で覆われた部屋を見つけ出す。それぞれの水槽は奇妙なくすんだ液体で満たされており、その中に獣のような機械のぼんやりとした輪郭があった。オプティマスプライムが必要としていた情報を間違いなく見つけ出したことに満足し、踵を返そうとした彼であったが、その行く手をショックウェーブが遮る。「ここに来るべきではなかったな」ディセプティコンの科学者はそう言って、レーザーキャノンを向けた。


posted by シグマ at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | TALES OF BEAST HUNTERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。