2014年02月27日

TALES OF BEAST HUNTERS: Chapter 9 BULKHEAD

BULKHEAD can't deny that the new weapons brought back to base by BUMBLEBEE are pretty cool, but no one can figure out how to activate them. AUTOBOT RATCHET is working on in his lab, but BULKHEAD would rather smash stuff than study, so he's been out in the middle of the desert for hours, trying to get the thing to work. He's just about to give up when RIPCLAW plunges out of the sky and smashes into him. Before BULKHEAD can react, the unknown dragon's tail claw grips his chest and rips away a chunk of armor. Even as the big AUTOBOT pounds on his beasty oponent, giving as good as he gets, he feels the poisonous heat of the dragon's mech venom searing his circuitry.

バンブルビーが基地に持ち帰った武器がとてもかっこいいものだということは、バルクヘッドも否定できない。ただしそれをどうやって動かすのかは誰にも分からなかった。ラチェットは自分の研究室で作業を行っているが、バルクヘッドは研究よりも物を壊したい性格である。かくして彼は砂漠の真ん中で2時間も、武器を作動させようと努めていた。彼がちょうど投げ出そうとしたその時、リップクローが空から急降下して彼に激突。バルクヘッドが反応するよりも早く、この未知のドラゴンは尻尾の爪を彼の胸に突き立て、その分厚い装甲を引き裂いてしまう。持てる力の限りを尽くして凶悪な敵に連打を浴びせる巨漢のオートボットであるが、彼はその間にも、ドラゴンのメックベノムが自分の回路を焼く毒々しい熱を感じていた。


posted by シグマ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | TALES OF BEAST HUNTERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。