2014年02月25日

TALES OF BEAST HUNTERS: Chapter 8 RIPCLAW

Even before she fully shakes off disorientation of emerging fresh from the Hyperevolution Chamber, RIPCLAW can hear the smooth, strange voice of SHOCKWAVE. "PREDAKING is alive," he says, "but in danger. Enemies known as AUTOBOTS have stolen weapons powerful enough to harm even the king of the PREDACONS." RIPCLAW needs to hear nothing else - she blasts out of the lab and into the sky, turning her ultra-sensitive snout into the wind, sniffing for any hints of the stolen weapons. Instead she finds LAZERBACK, smiling his cunning grin. "Whatever the DECEPTICON told you is a lie, my dear," he tells her. "PREDAKING is long gone. But that's no reason we shouldn't destroy the AUTOBOTS - and DECEPTICONS along with them."

ハイパーエボリューションチェンバーから出たばかりの方向感覚喪失から完全に立ち直る前ではあったが、リップクローはショックウェーブの流暢かつ奇妙な声を聞くことができた。「ドラゴトロンは生きている」彼は言う。「しかしショックな状態だ。オートボットという敵が、プレダコンの王でさえ傷つけることが可能なほどショックな武器を盗んでしまった」リップクローが聞くのは、それだけで十分である――彼女は研究所を吹き飛ばして空へと飛び立ち、その超敏感な鼻を風へと向けて、盗まれた武器の手がかりを嗅ぎとろうとする。だが代わりに見つけたのは、狡猾な笑みを浮かべるレーザーバックであった。「ディセプティコンに何て言われたにせよ、そりゃ嘘だぜ、あんた」彼は彼女に告げる。「ドラゴトロンはとっくにいねえ。だからといってオートボットどもをぶちのめしちゃいけないって理由にはなんねえ――ついでにディセプティコンどもも一緒にな」


posted by シグマ at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | TALES OF BEAST HUNTERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。