2014年02月19日

TALES OF BEAST HUNTERS: Chapter 7 STARSCREAM

When PREDAKING returned to the Nemesis speaking of mysterious explosions and the disappearance of MEGATRON, all optic sensors immediately turned to STARSCREAM. The Air Commander has long coveted the command of the DECEPTICONS. It was obvious to everyone that STARSCREAM must be responsible. Now, he finds himself hunted and alone, cut off from the other DECEPTICONS who believe him to be an assassin. STARSCREAM finds himself where he never thought he'd be-hoping MEGATRON turns up safe and sound, if only so his name can be cleared.

ネメシスに帰還したドラゴトロンが、謎の爆発とメガトロンの失踪について告げた時、全員のオプティックセンサーはすぐさまスタースクリームに向けられた。ディセプティコンの指揮権を握ることをずっと望んできた航空参謀である。皆にとってスタースクリームが張本人に違いないということは明らかであった。かくして彼は自分を暗殺犯と信じる他のディセプティコンから締め出され、一人追われる立場となる。自らの汚名が晴れるにはそれしかないとはいえ、メガトロンが無事であることをここまで願うとは、スタースクリーム自身思ってもみなかった事である。
posted by シグマ at 21:34| Comment(1) | TrackBack(0) | TALES OF BEAST HUNTERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日ごろの行いって大事ね。
Posted by シグマ at 2014年02月19日 21:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。