2014年01月26日

EXODUS CHAPTER ONE その11

 アルファ・トライオンは、くつくつと笑いながら立ち上がった。「確かに。しかしおそらくそれだけがメガトロナスの業績から手本とされたわけではないのだろう。このはね上がりは何者だね?」
 「ケイオンで剣闘士をしている者です。彼らの多くがそうであるように、彼は初め名を持たず、闘技場を栄光に至る道として選んだ一介の労働者でした。彼は無敗を貫き、その名声は一対一で彼と戦おうという剣闘士がほとんどいなくなるところまで高まりました。もはや彼はケイオンで最も偉大な剣闘士という立場に飽き足らず、大それた野心を抱いているように思われます」
 「野心か」アルファ・トライオンは繰り返した。「知っての通り、サイバトロン星では推奨される性質ではないな」彼はそこで口を閉ざした。そしてオライオン・パックスは記録官の声の中に、どこか残念そうな調子があるように感じた。
 彼は待った。そして数サイクルの後、アルファ・トライオンは再び口を開いた。「持ち場に戻れ、オライオン・パックス。聴き続けるのだ。このメガトロナスという者が何を企んでいるのか分かったら、わしのもとに来てその後のことを話し合おう」
posted by シグマ at 22:28| Comment(1) | TrackBack(0) | TRANSFORMERS: EXODUS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チャプター1はここまで〜。
Posted by シグマ at 2014年01月26日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。