2014年01月21日

NYT:Hasbro Gives Its Transformers Toys a New Look(その1)

30年前にハズブロがトランスフォーマーの玩具ラインを開始した時、その概念は単純なものだった。“more than meets the eye.”と口にするよりも早く、乗り物に変わるロボットだ。

しかし長年ブランドが進化するに従って、玩具は一つの変形に何十ものステップを要するような、より複雑なものになっていった。ハズブロの最高経営責任者ブライアン・D・ゴールドナーの目には、玩具がその魔法を失ってしまったように映った。

「私たちは途方もないほど洗練されたロボットを作ってきました」彼は言った。「しかしそれは1000ピースのパズルのようにもなり得るものなのです」

『トランスフォーマー』の映画3作で、ロボットが一瞬のうちに変形することを可能にした大予算の特殊効果に魅せられたゴールドナー氏は、玩具がそうしたロボットに回帰する必要があると決意した。そのため、デザインチームに再考を求めた。今、ブランドの30周年にあたり、ハズブロはこの玩具の新たな型を示そうとしている。その中には、ボタンを押すだけで、あるいは手首を動かすだけで変形を完了させる単純操作も含まれている。

新たなロゴやパッケージを含むラインの作り直しは、パラマウント・ピクチャーズの映画第4作『トランスフォーマー/ロストエイジ』の公開に合わせることを意図したものだ。小売業者には、今週ロンドンで行われる年一度の産業展示会であるトイフェアでお披露目される。

「小売のパートナーたちはとても興奮しています」玩具部門のシニアデザインディレクター、ジョシュア・ラムは言った。「このブランドの再考は、長期展開に備えてのものなのです」

玩具は映画公開の数週間前、5月に小売店の棚に並ぶ予定だ。映画に対するプロモーションと、TVや劇場、および携帯やソーシャルメディアなどのデジタルプラットフォームでの広告を含むそれ自体のマーケティングキャンペーンが基になると、ハズブロは述べる。

ゴールドナー氏は長くにわたってトランスフォーマーの擁護者だった。彼らの物語が映画になり得るものと確信して、2003年にハリウッドのドアをノックし始め、スティーブン・スピルバーグを含む何人かのプロデューサーの注意を惹いた。2007年に公開された映画第1作は全世界で7億ドルを超え、ハズブロを老舗玩具メーカーからマルチメディア企業に移行させたと称賛される。
posted by シグマ at 21:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by シグマ at 2014年01月21日 21:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。