2014年01月13日

EXODUS CHAPTER ONE その5

 通信は断片的で歪んだもので、ケイオンの金属のはらわたの奥深くから生じていた。そうした下層レベルとグリッド受信機との間で、産業工程から発する莫大な雑音を拾っているのだ。その産業が動かしているのはケイオンと、そしてオライオン・パックスには分かっていた、サイバトロン星の文明だ。精製された原料なしで生み出されるものは存在しない。それはケイオンと、そこからハイドラックス高原との間に広がるバッドランドで起きていた。バッドランドがサイバトロン星の必要としているものを供給している以上、最高議会は剣闘士のピットに目をつぶるであろうということだ。
 オライオン・パックスはそれがいつまで続くのだろうかと考えた。彼はどこに分類するかを決めることになる指をインターフェース上に漂わせながら、メガトロナスの最新の通信に耳を傾けた。


posted by シグマ at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | TRANSFORMERS: EXODUS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。