2014年01月04日

EXODUS CHAPTER ONE その3

 今やオライオン・パックスのようなサイバトロニアンは星々に行くことはないだろう。プライム達の偉大な理想のために気高く戦うこともないだろう。オライオン・パックスのようなサイバトロニアンは、グリッド上の通信を監視し、評価し、分類する。なぜなら、それが自分の身分のサイバトロニアンが行う事だからだ。他の身分には建設や工作をする者、統治する者、法を作る者……あるいは闘技場で戦う者たちもいた。
オライオン・パックスは最近、奇妙にもそこから流れてくる興味深い通信を聞いていた。彼はアリーナに大した関心を抱いてはいなかったが、それでも最新のチャンピオンであるメガトロナスのことは知っていた。その名を名乗っているということが、まったく彼の心を捕らえていたのだった――十三人のプライムの一人にして、その偉業を今なお歴史のメガサイクルに響かせている名前の重みを背負っているとは、只者ではないだろう。このメガトロナスは、闘技場における経歴の初期より、一つの試合として敗北を喫したことはなかった。剣闘士は始め名を持たず、その多くは名を持たぬまま生涯を終える。メガトロナスは単に名を名乗っただけではない。その名は剣闘士試合のごとき低俗な娯楽に注意を払わないふりをしている身分にとっても、注意を惹かれて仕方の無いものであった。


posted by シグマ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | TRANSFORMERS: EXODUS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。