2006年10月28日

ビーストウォーズ ザ・ギャザリング#3(3)

(左脚を食いちぎられたパワーピンチが飛ばされてくる)
スカージ「ちくしょう!パワーピンチが……いや、奴の大部分だが」
クワガイガー「早く!ここから……」
(背中を出して浮いたパワーハッグが沼地を流されていく)
クワガイガー「うわ、わわわわ……し、質問だ、スカージ……一体追い詰めているのはどっちなんだ?」
(先行していたトランスキュート、後方の混乱に気づく事なく、倒木に止まった白いフクロウの背後に狙いを定める)
トランスキュート「奇襲ぅぅ攻撃ぃぃぃ!」
(その瞬間、振り返るフクロウ)
アイスバード「去ね……我らに……関わるな!」
(フクロウから白熊へ変形し、トランスキュートに襲いかかるアイスバード)
アイスバード「この地は我らのもの!サイバトロンもデストロンもない、ミュータントだけのものだ!」
トランスキュート「ぃぁぁぁぁ……」
(背後を振り返らずに沼地から逃走するスカージとクワガイガー)
スカージ「こ、この地区には……何にも無かった、な」
クワガイガー「あ、ああ、報告する事は何もねえ」
posted by シグマ at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック