2006年10月11日

TITANIUM:オプティマスプライム

 グラビタスおよびエンシェント議会のメンバー達は語った。オートボットの命運は、オプトロニクスという記録員の双肩にかかる事が決まっていたのだと。最初のうちはオプトロニクスはこの大いなる責任を引き受ける事を渋っていたが、やがて彼は全トランスフォーマーにとっての破滅的な危険がかかわる事を理解していく。

 オプトロニクスはマトリクスの力を授けられると、オプティマスプライムというリーダーとしての名前を与えられた。それは、ディセプティコンとの戦争だけではなく、彼らの内に存在する自滅的な戦争から逃れるために、オートボットがサイバートロン星から去るのを彼が導かねばならないという天啓であった。時空の境界にまたがったメガトロンとの壮絶な戦いの後、オプティマスは、やがて進歩し、彼の種族の最も絶望的な時に必要とされるリーダーシップをもたらすパワーが自らの内にある事に気が付く。

体力:10
知力:10
速度:6
耐久力:8
地位:10
勇気:8
火力:7
技能:8

特記事項
故センチネルプライムよりマトリクスを継承
posted by シグマ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック