2006年06月25日

CYBERTRON:アンダーマイン(サイバーコード情報)

アンダーマイン(下を掘る、密かに蝕む)は、まさにその名の意味する通りに、こそこそと卑怯で汚い。彼は金のためには自らのグランド・トランスフォーマー・スパークさえ売り払うだろう。事実、スカージがジャングルプラネットのリーダーの座を奪ったばかりの頃、アンダーマインは名前の通りだという評判が本当に立つような事をやらかしている。スカージにはシュラップネルというボディガードがいた。シュラップネルは信頼でき、他のトランスフォーマーの悪口を決して言わなかった。そこで、アンダーマインは小型の盗聴器を使い、シュラップネルがスカージの事を煙の輪を吹かすだけの意気地なしだと言っている内容を偽造したのである。聞いたスカージは怒り狂い、すぐにシュラップネルは詰め物送りにされてしまった。そしてアンダーマインがスカージの新たなボディガードの座についたのである。何という腐った奴であろうか。


posted by シグマ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:CYBERTRON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。