2014年11月21日

TALES OF BEAST HUNTERS: Chapter 15 GRIMWING

The higher he soars into the unfamiliar sky, the more his mind clears. GRIMWING remembers his time in the Hyperevolution Chamber. He remembers the "lessons" fed directly into his brain by SHOCKWAVE. But he also knows there must be more to the world into which he has been reborn, and he is determined to discover it. That's when his highly sensitive optics spot a Cybertronian signature on the ground below. Judging by the size and power of the stranger, he knows it must be a brother warrior - a kindred spirit. "Yes! Fight!" screeches BLACKBEAK, but GRIMWING shakes his head. "No. We seek knowledge, not battle. For now," he says, and banks, descending towards the distant stranger.

見知らぬ空を高く飛べば飛ぶほどに、彼の精神ははっきりとしてきた。グリムウイングはハイパーエボリューションチェンバーの中で過ごした時間を思い出していた。ショックウェーブによって頭脳に直接流し込まれた「授業」も覚えていたが、同時に彼は自らが生まれ変わったこの世界にそれ以上のものがある事も理解しており、それを探し出すことを決意した。その時、彼のきわめて鋭い目は、地上にいるサイバトロニアンの反応を捉える。その未知の者は大きさとパワーから判断するに、自分の兄弟戦士――同種の魂に違いないと、彼には分かった。「ソウダ! タタカエ!」ブラックビークが甲高く騒ぐ。だがグリムウイングは頭を振った。「いや、探しているのは情報だ、戦いではない。今はな」彼はそう言って体を傾け、遠くにいる未知の者に向かい降りていった。
posted by シグマ at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | TALES OF BEAST HUNTERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

TALES OF BEAST HUNTERS: Chapter 14 DREADWING

DREADWING has known STARSCREAM for too long for the cowardly Seeker to hide from him. Still, when he smashes into his former commander’s hiding place, he expects a vicious fight, and is surprised to instead find STARSCREAM with his weapons lowered. “Listen!” STARSCREAM says. “Since when do I flee the moment MEGATRON is out of the picture? If he was deactivated because of me, I’d take command! As is my destiny!” DREADWING aches to blast his fellow air warrior to atoms, but he knows STARSCREAM is telling the truth. He levels a finger at the other DECEPTICON. “You will help me find Megatron then. Find him and bring him back.”

ドレッドウイングはスタースクリームのことを、追っ手から隠れる臆病なジェットロンとしてあまりにも長く熟知していた。それでもなお、かつての仲間の隠れ家に殴り込む時には激しい戦いがあることを予期していたのだが、驚いたことに見つけたスタースクリームは武器を下ろしていた。「聞いてくれ!」スタースクリームは言った。「いつから俺がメガトロンがいなくなった機会を見逃すようになった? もしあいつがくたばったのが俺のせいだったら、俺はリーダーになるぞ! それが俺の運命だからな!」ドレッドウイングはこの航空兵の同僚を原子にまで吹き飛ばしてやりたい衝動に駆られたが、スタースクリームが真実を言っていることは分かった。彼はもう一人のディセプティコンに指を突きつけた。「だったらメガトロン様を探すのを手伝え。見つけてお戻り頂くのだ」
posted by シグマ at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | TALES OF BEAST HUNTERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

TALES OF BEAST HUNTERS: Chapter 13 AUTOBOT RATCHET

AUTOBOT RATCHET scowls at the data discs recovered from the DECEPTICON lab by SMOKESCREEN. Most of them are useless - charred or cracked by the same plasma bursts that had rendered the AUTOBOT warrior himself nearly unable to return to base. But a few have shocking information on them. Information that not only reveals much about the cloning process used to bring the PREDACONS back to life, but also about the secrets of the powerful new weapons recovered by BUMBLEBEE.

ラチェットは、スモークスクリーンがディセプティコンの研究所から見つけてきたデータディスクを睨みつけていた。その多くは使えないものだった――プラズマ爆発によって焦げているか割れているかで、持ち帰ってきたオートボット戦士自身も危うく基地に戻れなくなるところであった。しかし、その中には僅かながら驚くべき情報もあったのである。その情報には、プレダコンを甦らせたクローン製法について多くを解き明かすものだけでなく、バンブルビーが見つけた強力な新兵器の秘密についてのものもあったのだ。
posted by シグマ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | TALES OF BEAST HUNTERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

TALES OF BEAST HUNTERS: Chapter 12 SKYSTALKER

SKYSTALKER slides from the murky numbness of his Hyperevolution Chamber and into the heat of battle. His spark aches to join the battle, but his instincts tell him to wait, to understand where he is. Even as the battle between SHOCKWAVE and SMOKESCREEN continues to rage, he takes a moment to look around. He stands in a room full of unfamiliar equipment -a room he nonetheless recognizes as a laboratory. A laboratory in which he - and possibly other PREDACONS - have been experimented on. His cold, calculating mind is suddenly submerged in anger. His wings spread, and a devastating barrage of white-hot discs fly, burning, blasting and melting all around him.

スカイストーカーは、ハイパーエボリューションチェンバーの薄暗い無感覚の中から、激闘の真っただ中へと滑り出した。彼のスパークは戦いに加わりたいとうずいたが、本能は彼にとどまって自らがどこにいるかを把握するよう告げていた。ショックウェーブとスモークスクリーンの間で激しく戦いが繰り広げられる中、彼は一旦周囲を見回した。彼が立っていたのは、見慣れない装置が満載された一室――それでも彼はそこを研究所と認めた。彼が――おそらくは他のプレダコンも――実験されていた研究所である。彼の冷たく、計算高い精神は、突如として怒りの中に沈んだ。広げられた彼の翼から、白熱したディスクの破壊的な弾幕が放たれ、周囲にあるもの全てを燃やし、吹き飛ばし、そして溶かした。
posted by シグマ at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | TALES OF BEAST HUNTERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

TALES OF BEAST HUNTERS: Chapter 11 SHOCKWAVE

With MEGATRON gone missing, SHOCKWAVE makes the decision to end his PREDACON cloning program. A force of PREDACONS, united under PREDAKING could spell doom for the DECEPTICONS as well as the AUTOBOTS. He is in the middle of shutting down his Hyperevolution Laboratory when he spots an AUTOBOT spy hiding in the shadows among the still-occupied chambers.
A plan forms in his precise and brilliant mind: Destroy the AUTOBOT and the lab and lay the blame for the annihilations of the cloning program at the feet of OPTIMUS PRIME and his soldiers. Such an event would drive PREDAKING into a rage that would doubtless utterly consume the Autobots in its fury.

メガトロンが行方不明となったことで、ショックウェーブはプレダコンクローン計画を終了させる決断を下した。ドラゴトロンのもとで一つにまとまったプレダコン軍団は、オートボットに対してと同じように、ディセプティコンにとっても破滅をもたらす可能性があるのだ。まだ中身の入った水槽の影に隠れていたオートボットのスパイを見つけたのは、彼がハイパーエボリューション研究所のシャットダウンを行っている最中であった。
彼の明敏な頭脳の中で、一つの計画が形作られた。このオートボットを研究所もろとも破壊し、クローン計画を壊滅させた責任をオプティマスプライムとその兵士たちに押し付けるのだ。そのようなことがあればドラゴトロンは怒り狂い、憤激に任せてオートボットを文字通り食らいつくしてしまうのは間違いないだろう。
posted by シグマ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | TALES OF BEAST HUNTERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

TALES OF BEAST HUNTERS: Chapter 10 SMOKESCREEN

With BUMBLEBEE injured and BULKHEAD near total shutdown, it's up to SMOKESCREEN to discover where these new and dangerous PREDACONS are coming from. Luckily, the AUTOBOT trickster is also a capable spy, and soon he finds himself creeping through the shadows of a remote DECEPTICON lab. At first, he think the place is abandoned. Then he discovers a room lined with large glass chambers, each one filled with a strange, murky liquid, and the vague outline of a beasty machine. Satisfied that he's discovered exactly what OPTIMUS PRIME needs to know, he turns to leave, only to find SHOCKWAVE blocking his way. "You should not have come here," the DECEPTICON scientist says, raising his laser cannon.

バンブルビーが傷つき、バルクヘッドも完全シャットダウン寸前という中で、この新しく危険なプレダコンたちがどこから来たのかを見つけられるかはスモークスクリーンにかかっていた。幸運なことに、このオートボットのいたずら者は有能なスパイでもあり、すぐに彼は僻地にあるディセプティコンの研究所の影に忍び込んでいた。最初、彼はこの場所を放棄されたものと思っていた。それからすぐ、彼は複数の巨大なガラスの水槽で覆われた部屋を見つけ出す。それぞれの水槽は奇妙なくすんだ液体で満たされており、その中に獣のような機械のぼんやりとした輪郭があった。オプティマスプライムが必要としていた情報を間違いなく見つけ出したことに満足し、踵を返そうとした彼であったが、その行く手をショックウェーブが遮る。「ここに来るべきではなかったな」ディセプティコンの科学者はそう言って、レーザーキャノンを向けた。
posted by シグマ at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | TALES OF BEAST HUNTERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。