2014年02月02日

TALES OF BEAST HUNTERS: Chapter 4 WHEELJACK

WHEELJACK willing to admit that he didn't think much of the idea that some kind of ancient Cybertronian arsenal was hidden in this solar system's asteroid belt. But now that the pitted, timeworn hulk of what is obviously a very old starship fills his view screen, he's got to say he's impressed. What's more, his sensors detect vast reserves of power in the old ship's hold. When he and BUMBLEBEE go aboard, neither of them is surprised when they find dozens of crates filled with strange weapons. Unfortunately, they are surprised when they turn to begin loading their ship, only to find MEGATRON and PREDAKING blocking their way.

この太陽系の小惑星帯に古代サイバトロンの兵器の山が隠されているという話を、ホイルジャックが大した事ではないと考えたのは、本人も認めるところである。しかし現在、視覚スクリーンいっぱいに広がる、どう見ても非常に古い宇宙船の穴だらけで痛んだ巨体を前に、彼も強い印象を受けたと言わざるを得なかった。さらに彼のセンサーは、古い船に残る膨大なエネルギーも感知する。乗り込んだ時には、彼とバンブルビーのどちらも、奇妙な武器を収めた何十もの箱を見つけたところで驚きはしなかった。不運にも驚くことになったのは、彼らが自分達の船に積み込みを始めようと振り返り、その進路を塞ぐメガトロンとドラゴトロンに気付いた時である。

(記事修正:2014年2月10日)
太陽系の小惑星帯を探し回るホイルジャックとバンブルビーは、古代宇宙船の船体に遭遇する。ホイルジャックのセンサーで船の持つ膨大なパワーを探知すると、2人のオートボットは船内に乗り込み、強力で異質な兵器を収めた何十もの箱を発見。だが箱を集めて自分達の船に積み込もうとしたその時、彼らはその航路が塞がれていることに気付き愕然とする……メガトロンとドラゴトロンによってである!
posted by シグマ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | TALES OF BEAST HUNTERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。