2014年02月01日

TALES OF BEAST HUNTERS: Chapter 3 LAZERBACK

EVEN as he floated in the darkness of the Hyperevolution Chamber, LAZERBACK could hear what happend arround him. He heared much of what SHOCKWAVE said in his strange voice, and he knew before he emerged what his plan would be. Now freed from the chamber, he is no longer interested in what the DECEPTICON scientist who cloned him has to say. LAZERBACK refuses to serve under anyone, not an overlord like MEGATRON, or a conquerer like PREDAKING. Instead he is determined to see chaos reign. Stealing a tracking device from the lab, he blasts off hoping to see chaos made king by the destruction of two tyrants who stand in his way.

ハイパーエボリューションチェンバーの暗闇の中を漂いながらであっても、レーザーバックは周囲で起きていることを聞くことができた。彼はショックウェーブがその奇妙な声で語っていることを十分に聞き、自分が出現するより前から、彼の計画がどのようなものであるかを知った。チェンバーから逃れた今、彼はもはや自分をクローン再生したディセプティコンの科学者の言ったことに興味はなかった。レーザーバックは何者にも従おうとしない、メガトロンのような大君主に対しても、ドラゴトロンのような征服者に対してもだ。その代りに、彼は混沌の支配を実現させようと決めていた。研究所から追跡装置を盗んだ彼は、邪魔となる2人の暴君を葬り去ることで混沌を実現させようと、飛び立ったのである。

(記事修正:2014年2月8日)
レーザーバックはハイパーエボリューション・チェンバーの中を漂いながら、周囲に起こるもの全てを耳にしている。ショックウェーブが話すこともだ。メガトロンにもドラゴトロンにも従わないと心に決めるレーザーバックは、むしろ自らの主人となるものを破壊することを目指す。チェンバーから放たれた彼は、追跡装置を盗むと、姿を消したのである。
posted by シグマ at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | TALES OF BEAST HUNTERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。