2007年01月25日

ビーストウォーズ ザ・ギャザリング#4(8)

サイバトロンの隠れ家:
(援軍の登場により形成は逆転し、敗走していくデストロン兵士たち。崖の上から戦況を見ていたジャガーも無言で去っていく)

ハウリンガー「よくやってくれた。ええと……」
トルカ「トルカだ。これだけ時間がかかってしまったのは申し訳ない。レーザーバックの集結シグナルを何日も追い続けていたんだ、道すがら他の仲間も拾ってな」
ハウリンガー「俺はハウリンガー。レーザーバックもおそらく、すぐに合流する筈だ。その間に優先しておきたいのは、例のトランスワープ信号増幅器だ」

(埋もれた洞窟からトルカが岩をどけ、ビーブーンとハウリンガーによってスナールが救出される)
ハウリンガー「首尾は?」
スナール「メッセージは送ったよ。届いたかどうかは知らないけど……」
ビーブーン「もし、届いていなかったら……」
ハウリンガー「それはまた別の問題さ。俺達はここに残るんだ」
トルカ「で、どうするんだ?」
ハウリンガー「もしスナールのメッセージがうまくいっていたとしても、もし救援作戦が行なわれる可能性があるとしても、古代の地球には調査しなければならない事が山ほどある。だから、俺達はここに落ち着いて、出来る限り楽に構えておこうじゃないか」
プロール「それにデストロンは?」
ハウリンガー「叩きのめして鼻っ柱をへし折ってやったが、奴らは戻ってくるだろう。奴らはいつでも戻ってくる」

(月夜の下、ジャガーの前に集結する敗残のデストロン兵士たち)
posted by シグマ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。