2006年12月24日

クリスマス特別編「ほしをみつめて」

スタースクリームは いちめんのぎんせかいに たっていました
そらにはゆきがまっていましたが スタースクリームは そのむこうに みえないほしを ずっとみつめていました
スタースクリームがみつめていたのは トランスフォーマーのふるさと、セイバートロンせいでした

スタースクリームは むかしから セイバートロンせいを せいふくすることを ゆめみてきました
かぞえきれないほどのサイバトロンと それとおなじくらいのデストロンを そのやぼうのために たおしてきました
しかし ついにスタースクリームは このちきゅうで 3にんのサイバトロンにつかまってしまい、きゅうみんカプセルにいれられてしまったのです
もうなんかげつ いや なんねんたったことでしょう? でも いまのスタースクリームにとって それはどうでもいいことでした
カプセルのとびらがひらいたとき スタースクリームは じぶんのほんとうのきもちに きづいたのです
デストロンのリーダーになることよりも サイバトロンとのたたかいにかつことよりも スタースクリームはいま もういちどふるさとにかえりたいと それだけをおもっていました

「ねえ きみ トランスフォーマーだよね?」
ふとみると スタースクリームのあしもとに めがねをかけた おとこのこが たっていました
「おまえにようはない うせろ!」
スタースクリームは ふきげんそうに こたえました
「なまえは なんていうの?」
「みみがきこえないのか? それとも ばかなのか? おれは うせろ といったんだ!」
いつものスタースクリームなら ちいさなにんげんなど ふみつぶしてしまうところですが いまは そんなきもちを ふるいたたせることですら おっくうでした
「きょうはクリスマスイブなんだよ そんな くらいかおを していないで もっと たのしいじかんを すごさなきゃ」
「うっとうしいやつだな これがさいごだ ほっといてくれ」
たったまま こたえるスタースクリームですが おとこのこは たちさろうとしません
「いや いやだよ! だって きみはクリスマスのことを しらないだろう? クリスマスのことをしったら きっと きみだって げんきになるはずなんだから」
「ああ! サイバトロンは なんでこんなやつらと なかよくなれるんだろうな? わかったわかった」
そういうと スタースクリームは じぶんのあたまのなかの ちきゅうのことばのデータを ひきだしました
「『クリスマス 12がつ25にち キリストのたんじょうをいわう ねんじゅうぎょうじ かぞくがあつまり プレゼントをおくる』 これでいいんだろう? さあ とっとときえて おれのじゃまをしないでくれ」
「ちがう ちがうよ! そんな きかいみたいなものじゃないんだ! クリスマスのこころというものを きみはわかっていないよ ぼくがおしえてあげるから」
とうとうスタースクリームはおこりだしてしまい おとこのこを てでつかまえました
「いいや、おしえるのはおれだ! あとひとことでもしゃべったら おまえは だいじなクリスマスのひを いきてすごせなくなるってな! わかったか?」
おとこのこは ふるえてこたえました
「わ わかったよ だから おろしてくれないか そうしたら ぼくはうちにかえるからさ」
おとこのこを じめんにおろしてやりながら スタースクリームはいいました
「かんたんにいってくれるよな おまえには いえがあって いつでもそこにかえれるんだからな うらやましいぜ」
スタースクリームは たちさるように ゆびをさしました
「さあ おれにはできないことだ おうちにかえりな!」

しばらくめをとじていたスタースクリームですが
「まだそこにいるのか?」
めをあけると おとこのこは まだ スタースクリームのあしもとに たっていました
「う うん ねえ もしきみが クリスマスのほんとうのすがたをみたら きっと もっとたのしくなれると おもうんだけどな」
「やれやれ おまえがそこまですすめるんだったらな」
スタースクリームは ジェットきのすがたに トランスフォームしました
「わあ かっこいい トランスフォームだ!」
スタースクリームは うでをのばして おとこのこを そうじゅうせきに のせてあげました
「ようし! ねえ どこへいくの?」
「さあな おまえがいった クリスマスのこころっていうのは どっちにあるんだ?」
「ええと そうだね このみちにそっていって うんがよければ だれかがプレゼントをこうかんしているのを みられるはずだよ」
「そいつはまちきれないな」
スタースクリームは ばかにしたように いいました
「ばかにしたきゃ してもいいけど でも きみは プレゼントといっしょにつたわる きもちを わからないと」
そうじゅうせきのなかで おとこのこは せつめいします
「それこそが クリスマスの ほんとうの おくりものさ そうやって まずしいひとは やすらぎをもらい ぜつぼうしたひとは きぼうをもらうんだ なにかをあげるってことは さいこうにきもちのいいことなんだよ」
「ふん あげるのは よわいやつらのすること つよいやつは うばうんだ」
そらをとぶスタースクリームのしたで いちだいのパトカーがきゅうにほうこうをかえて スタースクリームのあとを おいかけていきました
「にんげんのかんがえることは サイバトロンとおなじだな」
「すくなくとも きもちだけは すなおにもっていてね」

しばらくとんでいくと いちだいのバスが ゆきみちでとまっているのが みえました
「ねえ あのバス ふきだまりで うごけなくなっているよ おろして」
スタースクリームは ロボットのすがたにトランスフォームして じめんにおりました
そうじゅうせきから ほうりだされた おとこのこも しっかりうけとめてあげます
「ナイスキャッチ! みて バスにのっているのはおとしよりだ たぶんクリスマスのおいわいに むかうところだったんだよ」
おとこのこは スタースクリームのてから とびだしていきました
「きっと このひとたちは このいちねんかん このりょこうを たのしみにしていたんだ でも いま ふきだまりでうごけなくなって みんなこごえてしまっている」
「だから?」
おとこのこのいうことは スタースクリームにはよくわかりませんでした
「だから バスをうごかして たすけてあげるんだよ それがきみからのクリスマスプレゼントになるんだ!」
「だけど それで おれにどんなとくがあるんだ?」
「ぼくをしんじて やってみればわかるよ きっとおどろくよ」
スタースクリームがバスにてをかけた そのときです スタースクリームのうしろからちかづいてきたパトカーが ロボットにトランスフォームして スタースクリームに じゅうを うちました。
「てをはなせ デストロン! にんげんたちよ もうだいじょうぶだ このストリートワイズが たすけにきたぞ」
プロテクトボットの げいげきいん ストリートワイズです
「うんがよかったな スタースクリームが わたしのうえをとんだときに やつをスキャンしたんだ」
ストリートワイズは じゅうで さらにスタースクリームをこうげきします
「ついてないな スタースクリーム にどと ひとさまに めいわくをかけられないように してやるぜ!」
「ちっ あのガキの いうことをきくのに いそがしくて こいつが ちかづいてくるのに きづかなかったとはな」
しかし スタースクリームも デストロンのつわものです
「もっとも サイバトロンひとりをスクラップにするのに ておくれなんてことはないがな」
りょううでのナルビームで はんげきです
「おっと じゅうではかなわないか」
ストリートワイズは あわててよけました
「だが カーモードなら スピードは うえだぜ」
パトカーにトランスフォームして ナルビームをかわします
「そして ちかづいたら こんなことも できるんだ!」
ロボットにトランスフォームしたストリートワイズの たいあたりで スタースクリームは はねとばされていきました
「かみさま おお こんなちかくにまで」
「そうじゃ まさか あいつらが ことしのサンタのかわりじゃあるまいな」
バスのなかのおとしよりは ちかくでたたかう スタースクリームたちのすがたに いきたここちが しませんでした
「これでおわりだ デストロン」
とびかかってきたストリートワイズを スタースクリームが けりかえします
「ばかをいえ ストリートワイズ くたばるのは てめえのほうだ」
「やめて! もうやめてよ!」
おとこのこが あいだにはいりました
「このデストロンは みんなをきずつけようとしたんじゃない たすけようとしていたんだ」
おとこのこは ストリートワイズにむかっていいます
「きみがこうげきしてきたせいで このひとたちは もうすこしで けがをするところだったんだよ ぼうりょくで かいけつしようとするなら きみたちのてきと かわらないじゃないか」
「そういうことだ サイバトロン くやしかったら ないてみろ」
スタースクリームは かたてで バスをもちあげて ふきだまりから だしてあげました
「さあ にんげんども おまえたちは じゆうだ」
「いやあ おおきいの たすかったよ」
「15メートルのサンタさんじゃな」
おとしよりたちは くちぐちに おれいのことばを いいました
「し しんじゃられない デストロンが こんなことを」
ストリートワイズは おどろきを かくせません
「ふふん そいつはな」
「クリスマスだからさ!」
スタースクリームのことばに おとこのこが つづけます
「そうか まあいい わたしは このバスが もくてきちにつくよう おくっていこう きみは まだ そのデストロンと いっしょにいるつもりかい?」
「うん ぼくなら だいじょうぶだよ!」
しんぱいそうに パトカーにトランスフォームする ストリートワイズでしたが おとこのこは げんきにこたえました
「ありがとう!」
「きをつけて!」
「よいいちにちを!」
おとしよりたちは おわかれのことばをいいながら ストリートワイズといっしょに さっていきました

スタースクリームとおとこのこは ひろばにある おおきなクリスマスツリーのまえに やってきていました
「わかったでしょう だれかに なにかをしてあげると じぶんも しあわせなきもちになれるって きっとこんどは きみが だれかにたすけてもらえるばんだよ」
「そいつはどうかな」
「そんなこといわないで あのバスのひとたちが おれいをいってくれて きみもうれしかったでしょう」
スタースクリームをはげまそうとする おとこのこでしたが スタースクリームのへんじは つめたいものでした
「かんちがいするな おれはただ あのサイバトロンに はじをかかせてやったのが おもしろかっただけだ」
「ほ ほんきじゃないよね? きみにとって あのできごとは それだけのためだったの? ぼくには なんていったらいいのか わからないよ でも」
いつのまにか おとこのこのめには なみだがあふれていました
「メリークリスマス」
おとこのこは ただ それだけを くちにしました
「ふん」
スタースクリームは おとこのこをのこして ひろばから でていこうとします
でも さいごに すこしだけ ふりかえって こういいました
「そうそう メリークリスマスだ ぼうず」
そのとき ゆきがイルミネーションのひかりをうけて うちゅうにかがやくほしになったかのように おとこのこには みえました

(おわり)
posted by シグマ at 23:47| Comment(1) | TrackBack(0) | コミック翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

ビーストウォーズ ザ・ギャザリング#4(4)

サイバトロンの隠れ家:
(滝を見下ろす崖の上)
ジャガー「マンテラー、報告しろ」
マンテラー「サイバトロンの数はおそらく5人か6人、左から3つ目の突き出た所に隠れてやがります。見張りは2人、オートガンその他の装備がある形跡は無し」
ジャガー「ほう、面白い!地上部隊を両翼の位置に着かせろ。まず奴らを追いたて、それから皆殺しにするのだ!」
(崖から一斉に飛び降りるマンテラー、スピッター、スカベンジャー、バズクロー、スカージ、テラゲーター、スナッパー、クワガイガー)

(隠れ家の内部。組み立てが終わった送信装置と増幅器を前にするスナール、ビーブーン、ハウリンガー)
スナール「オーケー、予行演習だ。ビーブーン」
ビーブーン「主電源。短波長バースト、0.5ナノクリック」
スナール「ハウリンガー」
ハウリンガー「バッファー。交信制動器が赤なのを確認。出力が許容範囲に維持されたら、送信準備よしだ」
スナール「レーザーバックより重要メッセージ。コールサイン:ブレーカー・ナイナー・ヴァーチュー。マグマトロンが地球で再初期化されたプロトフォームを利用して新兵を補充中。セイバートロン星への攻撃が急迫。周辺監視施設の包括的なアップグレードを要請する」
(ハウリンガーに振り向いて)
スナール「時間は?」
ハウリンガー「7.6ナノクリックだ」
スナール「くそっ!長すぎたか。もっと……」
(突然崩れ始める洞窟)
ビーブーン「何だ?」
(見張りについていたラムラスとボーンクラッシャー)
ラムラス「お客さんだ」
ボーンクラッシャー「デストロンか。お情けの時間だか何だか分からないが、ようやく逃げ出す事も出来たものを!」
(空中から洞窟に攻撃をかけるデストロン)
ハウリンガー「ここにいては生き埋めにされるぞ!」
スナール「あんた達4人は脱出してくれ。俺はメッセージを送る」
ビーブーン「何だって?それは駄目だ。一人でなんて出来る筈が……」
スナール「早く!洞窟から奴らの攻撃を逸らして欲しいんだ。全員がここにいたら全滅だ」
ハウリンガー「しかし君を置いては……」
スナール「それでも行くんだ。どっちにしろ俺達は命拾いしたに過ぎない。だから、その猶予を大事にしてやろうぜ。さあ、頼む、行ってくれ!」
(砲火の中、洞窟の外へビーストモードで脱出するビーブーン、ハウリンガー、ボーンクラッシャー、ラムラス)
posted by シグマ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。