2006年11月29日

ビーストウォーズ ザ・ギャザリング#4(3)

デストロン野営地:
グリムロックとマグマトロンが分離した恐竜3匹との激しい戦い。スカイサウルスが頭を押さえ、シーサウルスが首に巻きつきながら右前脚に噛み付き、ランドサウルスが頭突きを食らわせる)
グリムロック「はぁっ、ふぅっ、ぐぉっ!」
ランドサウルス「死ね、落ちろ!貴様はそれほどまでに自分達の大義が大事なのか、それとも自分が敗れたがどうかも分からないほど愚かなのか?」
(スカイサウルスとシーサウルスが離れる。クラクラと眩暈を起こすグリムロック)
グリムロック「たぶん……りょうほうぅぅ……」
(そのまま横に倒れて気を失うグリムロック)
ランドサウルス「時間は?」
コンピューター「トランスワープ転轍まであと5.6サイクルでカウント中よ」
ランドサウルス「よし」

(ロボットモードに合体し、装置に横たえられているメガトロンを見下ろすマグマトロン)
マグマトロン「メガトロン、貴様に対して悪意は無い。だが、トリプティコン評議会は貴様を即時に裁判にかける事を望んでいる。儂が今暫くの間、忠実な下僕の役を演じるには、それが好都合なのだ。少なくとも儂が立ち上がり、セイバートロン星を武力で奪い取るまではな。おそらく、あるいは、いつの日か、貴様にも居場所ができるだろう、儂の新たな支配体制の下でな!」
(その背後に立つレーザーバック)
レーザーバック「結局、縁が切れたままになってしまったな。お別れの挨拶をしてくれる時間はもう無いかい?」
マグマトロン「レーザーバック、貴様には……時間を作ってやろう!」
(振り返ってニヤリと凶暴な笑みを浮かべるマグマトロン)
posted by シグマ at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

ビーストウォーズ ザ・ギャザリング#4(2)

(イグナーの胴体を踏み潰し、もぎ取った左腕を口にくわえるグリムロック)
グリムロック「いつもおなじ、ねむって、おきると、きげんわるい。うらみないが、それ、かたづけなきゃならないしくみなだけ!」
マグマトロン「そこまでだ!貴様らサイバトロンが厄介者から障害物に変わるのに時間はかからんな。いつもなら貴様を粉砕して終いとするところだが、儂にはこれからやらねばならぬ事、行かねばならぬ場所がある。今すぐ引き下がるなら命は助けてやろう。これは一回だけしか言わぬぞ」
グリムロック「ひき、さがる?」
マグマトロン「いいだろう、分かりやすく…」
(マグマトロン、3体に分離)
ランドサウルス「…体に教えてやろう!」
(3体の恐竜がグリムロックに襲いかかる。その激しい戦闘の外で、マグマトロン達がメガトロン捕獲時に使った装置を盗み出すオプティマスマイナー)

サイバトロンの隠れ家:
(トランスワープ増幅器の修理を行なうスナール)
ビーブーン「我々の儚い夢や希望がこんな物にかかっているのか?」
スナール「おい!俺だって出来るだけの事はやってるんだぜ。アークから持ってきた馬鹿でかい骨董品の部品と最先端のトランスワープ増幅器をくっつけようっていうんだ。どれだけ大変か分かるだろ!」
ハウリンガー「落ち着けよスナール。君が難しい条件でベストを尽くしている事はみんな分かっているさ。ビーブーンはただ、考えるより先に口が動いただけだ」
スナール「いや、ハウリンガー……あいつは正しいよ。奇跡が起こってこいつが動いたとしても、組み立てた物が焼き切れるまで、セイバートロン星にメッセージを送れるのはおそらく長くて3〜4ナノクリックなんだ。電力定格はメチャクチャだし、再測定する方法もない」
ハウリンガー「つまり?」
スナール「2度目のチャンスは無いって事さ。俺達に必要なのは、簡潔さ、明確さ、それに幸運だ!」
(隠れ家の周囲を飛び回るデストロン航空部隊の影)
posted by シグマ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

ビーストウォーズ ザ・ギャザリング#4(1)

地球。紀元前約10,000年:

スカイシャドー「見つけやしたぜ」
ジャガー(通信)「確かか?」
スカイシャドー「確かも確か、奴らの巣まるまるでさぁ」
(上空からサイバトロンの拠点のある滝を見下ろすスカイシャドー)

ジャガー「良くやった。反復は不要、交戦もするにゃ。私自ら確かめたい。全デストロン兵士、こちらは戦場指揮官ジャガー……スカイシャドーの位置を追跡し、集結せよ……仕留めに向かうぞ!」
(背中のジェットを噴射し急行するジャガー)

デストロン野営地:
(木の上から様子を伺うレーザーバックとオプティマスマイナー)
オプティマスマイナー「なあ、注意をそらす必要があるって言ってたけど、オイラが思うにこれって、大チャンスだぜ!」

(ドリルビットを尻尾で跳ね飛ばし、地面に押さえ込んだイグナーの頭に食らい付くグリムロック)
ドリルビット「ぎゃぁっ!」
グリムロック「ばかなデストロン……おれグリムロック、さいきょうのビースト!」
イグナー「あがが!」

オプティマスマイナー「グリムロックって、あのグリムロックか?」
レーザーバック「彼もアクサロンの乗員名簿の中にあった、もっともステイシス状態だったがな。つまりはそういう事だ」
(木から降りたレーザーバックとオプティマスマイナー)
レーザーバック「だがオプティマスマイナー、君の言う通り、これは我々にとってチャンスだ、おそらく一度きりの。何をやるかは分かっているな」
(レーザーバックをその場に残し、草むらの中に隠れながら移動するオプティマスマイナー)
posted by シグマ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

BW10th:ワスピネーター

ワスピネーター、どうして自分がこんな所にいるのかだって分からないよ!メガトロンにこき使われて、ワスピネーターはいつもバラバラに吹き飛ばされるばっかりだし!もうサイバトロンの鼠ロボットの備蓄パーツのコレクションになるのはうんざりだ!ワスピネーターにはでっかい目標があるんだい!でっかい目標には馬鹿馬鹿しいビーストウォーズなんて関係ないもんね!今から、ワスピネーターは自分ひとりでやらせてもらうよ!

体力:8
知力:5
速度:8
耐久力:5
地位:6
勇気:7
火力:7
技能:6
posted by シグマ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

BW10th:チーター

マクシマルのクルーの中で最も若いチーターは、熱しやすく、衝動的で、時には全くの単純馬鹿である。若者特有の自信過剰に信じられないほどのスピードが加わると、彼はたちまち深刻なトラブルに陥りかねず、しかも彼にはそこから抜け出すための技量が欠けているのだ。もっとも、マクシマルの仲間に印象付けようとする彼の無謀な欲求の下には、誇り高く有能な戦士の心があり、将来のリーダーとしての大きな可能性も秘めている。

体力:6
知力:5
速度:10
耐久力:8
地位:6
勇気:9
火力:7
技能:7
posted by シグマ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

BW10th:ラットトラップ

遠く離れた無人の惑星に取り残され、オプティマスプライマルのスパイ兼こそ泥として働く事は、ラットトラップの優先事項リストの中で順位が高いものではなかった。賢く、陰険で、皮肉屋であるラットトラップは、たびたび他のマクシマル達に良くないやり方で厭味をぶつけてしまう。彼は周囲に飛び道具を発射するのに当たって、決して他の者ほど熱心ではない。正々堂々とした戦いは、まったく彼の仕事ではないのだ。プレダコンの基地に押し入り、何か旨みのあるデータを盗ませる機会を与えてやれば、その時こそ彼が真に輝く時であろう。

体力:6
知力:7
速度:8
耐久力:5
地位:7
勇気:6
火力:6
技能:9
posted by シグマ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

ビーストウォーズ ザ・ギャザリング#3(9)

(木の上からマグマトロン達の様子を伺うレーザーバック達)
レーザーバック「遅かったか。もう復帰シークエンスが作動している」
オプティマスマイナー「で、どうするんだ?レーザーバック!」
レーザーバック「ああ……」
(装置の傍にある部品を見つめるレーザーバック)
レーザーバック「一つだけチャンスはある。マイナー、君の器用な指を借りたい。だが、その前に、奴らの注意をそらす必要がある」

ドリルビット「マグマトロン様!周辺部のセンサーが破壊されました!」
マグマトロン「敵か?」
ドリルビット「一体。スパークの反応サインが度を外れています。どんな奴にしろ、そいつは大きく……怒り狂っています!」
(彼らの前に現れる巨大な白いラプトル)
グリムロック「そのとおり」
マグマトロン「貴様は?」
グリムロック「おれ、グリムロック!」

(#3終)
posted by シグマ at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

ビーストウォーズ ザ・ギャザリング#3(8)

サイバトロンの隠れ家:
(洞窟から出て周囲を見渡すラムラス。洞窟の中からハウリンガーが出てくる)
ハウリンガー「何かあったか?」
ラムラス「いいや、ハウリンガー。味方も敵も見えねえ。こう何もないというのも、忍耐力も試されるな。実際、俺は洞窟でこそこそしているより、敵と全力でぶつかりてえんだ」
ハウリンガー「理解は出来るが、無謀な考えではあるな。ビーブーンも同じ気持ちのようだが。とはいえ、レーザーバックの隊が戻るか、彼の出動命令に応えたサイバトロンが現れるまでは、攻撃に転じるのは馬鹿な考えと言うべきだ。ただ待ち。、祈るしかない……敵に先に発見されないように」

(ジャガーと、その命令で高空からサイバトロンを捜すデストロン達)

デストロン野営地:
(森の中。気を失ったメガトロンが何かの装置の上に横たえられている)
ドリルビット「準備完了です。トランスワープ転轍まで残り10
サイクル……」
マグマトロン「うむ、その6ナノクリック後に装置を自爆させるようセットしろ。それで誰も我々の後を追って戻れなくなる。よいな?」
イグナー「了解」
posted by シグマ at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

ビーストウォーズ ザ・ギャザリング#3(7)

(山間。アークから出て来たレーザーバック達)
スナール「つまりマグマトロンがあのメガトロンを捕まえてくれる訳だろ。悪い事なんてないんじゃないか」
レーザーバック「いやスナール、そうすると奴はセイバートロン星に戻る事になる。メガトロンは生贄だ。セイバートロン星に戻れば奴は大政変のための土台作りを作り始め、我々の送る信号などどうとでも逸らせる!その間に、ここに残った地上部隊が我々をゆっくりと狙い撃つって寸法だ。奴の足止めをする必要がある……少なくともトランスワープ信号増幅器を作動させるまではな」
(ビーストモードに変形するレーザーバック)
オプティマスマイナー「いいねえ!正義の味方らしい最後の戦い!」
レーザーバック「ボーンクラッシャー、装備を基地まで安全に届けてくれ。スナールは修理を任せた」
スナール「分かったぜ。それじゃレーザーバック、奴らをこてんぱんにしちまいな!」
(スナールの背に乗るオプティマスマイナー)
オプティマスマイナー「どこへ向かっているんだ?」
レーザーバック「マグマトロンの野営地だ。奴のセイバートロン星への帰りの切符がそこにある」
オプティマスマイナー「で、そこに着いたら?」
レーザーバック「キャンプを張って以来、私は繰り返し集合信号を発し続けてきた」
(口を開き、中の発信装置で信号を発するレーザーバック)
レーザーバック「宿無しなり迷子なり、そのエリアに他のサイバトロンがいる事を祈るしかない」

真東:
(高台の上に集結しているジャガー、レーザービーク、スカイシャドー、バズソー、ジェットストーム、インジェクター)
ジャガー「お前達5人は私の耳目とにゃれ。高空から、セクターごとに、全スペクトラムのセンサーで見渡すのだ。捜索ベクターグリッドはお前達のサーバーにアップロードされている」
バズソー「それで、奴らを見つけたら?」
ジャガー「交戦はするにゃ。奴らが巣穴(すあにゃ)に戻るのを見届けてから撤退しろ。私はここから指揮を執る。さあ行け!狩りは生かしたままでだ!」
(飛び立っていくバズソー達)
posted by シグマ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

ビーストウォーズ ザ・ギャザリング#3(6)

(火山地帯にあるデストロン基地。ビークルモードのメガトロン、ランページ、それに機材を抱えたインフェルノが外に出ている)
メガトロン「ランページ、インフェルノ、サイバガードの部品を基地の周りにきちんと埋め込むのだ。すぐにでもタランスにインストールを始めさせるからな」
インフェルノ「直ちにごっつんこ!」
ランページ「やれやれ、また汚い仕事じゃけんのう!」
メガトロン「俺様は…」
(ロボットモードに変形して着地するメガトロン)
メガトロン「…ちょっと後から行く。妙だな。断言してやっても良かったが……」
(メガトロンの目の前に半透明のマグマトロンが出現。腕には何かの装置を付けている)
マグマトロン「メガトロンよ……久しぶりだな」
メガトロン「おやぁ?」
(姿を現したマグマトロンが左腕でメガトロンの首を押さえ、右腕でエネルゴンバンドを取り付けようとする)
メガトロン「うお!」
(マグマトロンの腕を振り払うメガトロン)
メガトロン「ほう!三馬鹿長老がまた一匹、尻拭いを送り込んできたって訳か」
(体勢を立て直し、右腕の武器にエネルギーを充填するメガトロン)
メガトロン「そいつは笑えないなあ!」
(エネルギーを充填したテールでマグマトロンに攻撃をかけるメガトロン)
メガトロン「ジャガーの失敗から奴らは何も学ばなかったのか?元旧デストロンだろうが、飾り立てた将軍だろうが、たった一人の工作員では俺様の計画を止める事は出来んという事を。マグマトロン、貴様はもっと出来る奴だと思っていたのだがな」
マグマトロン「だがな、儂が一人で来たなどと……誰が言った?」
(メガトロンの背後で装置を付けて姿を現すイグナーとドリルビット)
メガトロン「何?」
(完全に出現したイグナーとドリルビットによって、メガトロンの首にエネルゴンバンドが巻かれる)
メガトロン「ほぎゃぁぁぁ」
(倒れたメガトロンを見下ろすマグマトロン)
マグマトロン「よし。取り付けろ。それから捕まえておけ」
(自分達の腕にあるのと同様の装置をメガトロンに取り付けるイグナー)
インフェルノ「黄門様、何の音で?」
(インフェルノとクイックストライクが戻ってくる。だが、マグマトロン達とメガトロンは彼らから不可視の存在となっている)
インフェルノ「黄門様?」
posted by シグマ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。