2006年10月16日

ビーストウォーズ ザ・ギャザリング#2(4)

(かつてアクサロンのあった場所の近く。峡谷の下を流れる川を眺めるマグマトロンとそれに従うドリルビット、スピッター)
ドリルビット「ここがジャガーの奴のくたばった所ですって?」
マグマトロン「そう考えている。タランスから評議会への最後の報告では、アクサロンに対する全面的な攻撃があったと言っていた。実に惜しい事だ。奴が自分の利益のために我々と情報の交換をする事に同意していなければ、我々はそもそもここにはいなかったのだからな。ビーストモード!」
(マグマトロン、3体の恐竜に分離。スピッター、ドリルビットもそれぞれビーストモードに変形)
マグマトロン「ジャガーのトランスワープクルーザーが最後に眠っている場所は、ここから半径20クリックのどこかにある筈だ。ならばこうしよう……分断して攻略するのだ!」
(それぞれ別の方向へ走る3体の恐竜と部下達)

(切り立った狭い谷底。レーザーバックとその仲間達が進む)
レーザーバック「よし、マグマトロンによれば、ここがトリプティコンのエージェントとの交信が途絶えた場所だそうだ。これから……」
ビーブーン「レーザーバックさんよ、待ちな!」
(歩みを止めるサイバトロン達)
ビーブーン「ここで信頼しろっていうのは危険な賭けじゃないかね。あんたが連れてきてくれたのは、どんなに良く見ても戦闘状況、悪くすれば待ち伏せを受けるところだ。それに俺のセンサーには、あんたからまだデストロンの金切り声がするんだがね!」
(ビーブーンのスキャンイメージ。レーザーバックの体内のスパークに危険を表す爆弾のマークが表示されている)
レーザーバック「その通りだ、ビーブーン。君達には私の言う事をそっくりそのまま信じてもらうしかない。私のスパークの共鳴サインはセイバートロン星において亜分子レベルで転換されている。ここでそれを戻す事は出来ない。現在そんな事をしている余裕は無い筈だ。我々には時間も無い。もし今行動しなければ、そのツケを払うのはセイバートロン星にいるサイバトロン達なんだ!分かるか?」
posted by シグマ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。