2006年08月19日

CYBERTRON:キャノンボール(サイバーコード情報)

キャノンボールはその名を伝えられる最初の宇宙を航行するサイバートロニアンの海賊本人ではない。何百年にもわたって、公民権を奪われた様々なオートボットやディセプティコンは星々を目指し、様々な星間航路がグレートウォーからの脱出路とされてきた。彼らは必然的に、宇宙で最悪の海賊であるキャノンボールの容赦のない顔と向き合う事になる。自らの伝説を生きたものとして保つために、キャノンボールは自分の船に新たな仲間シースラッグを加入させ、彼らを自らの後継者とするべく鍛えるのだ。現在のキャノンボールは、この恐るべき海賊の名を受け継ぐ10代目である。
posted by シグマ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:CYBERTRON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

CYBERTRON:キャノンボール

僅かな宝物を次にどこから盗み出そうかという事ばかりを気にしている向こう見ずな海賊。キャノンボールとそのオイルに飢えた海賊のクルー達は、数世紀にわたって商用のスターシップを恐怖に陥れており、サイバートロン星に戻るのは、稀に補給と不正に得た略奪品を闇市場のエネルゴンスターと快楽プログラムに費やす時のみである。彼がディセプティコンの大義への忠誠を公言するのは、メガトロンが彼にオートボットの船のみを攻撃し続けている限りは自由に活動する事を許しているからに過ぎない。

体力:8
知力:6
速度:7
耐久力:9
地位:9
勇気:9
火力:4
技能:5
posted by シグマ at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:CYBERTRON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

CYBERTRON:ベクタープライム(サイバーコード情報)

ベクタープライムはサイバートロン星の歴史上で最古の時代のトランスフォーマーである。プライマスが惑星サイバートロンの姿をとる以前に造った13体の最初のトランスフォーマーの伝説があり、実はベクタープライムはそのオリジナルの13体の1人なのだと噂されている。
posted by シグマ at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:CYBERTRON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

CYBERTRON:ベクタープライム(VSセット版)

ベクタープライムは機知と強さにおいてスタースクリームを上回る。しかし、プラネットキーを捜し、サイバートロン星を無数の敵から守るという要求に、この古代オートボットの途方もない力ですらも限界に追い込まれている。注目すべき時間旅行能力を次元を超える事に絶えず使う事を余儀なくされた彼は、ディセプティコンとの頻繁な小競り合いのうちに、自身が弱くなっている事に気付いた。それでもなお、彼は耐え抜かねばならない。他ならぬ危機に瀕した宇宙の存続そのもののために!

体力:不明
知力:10
速度:不明
耐久力:10
地位:不明
勇気:10
火力:10
技能:10
posted by シグマ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:CYBERTRON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

CYBERTRON:ベクタープライム

ベクタープライムは最初のトランスフォーマーの一人である。強力で賢く、信じがたいほどの太古の戦士であり、忘れられし時よりサイバートロン星の守護者としての役目を果たしてきた。被害を受けた彼の惑星からの広域の救難信号を受けて時の影より引き出された彼だったが、彼が訪れた時はすでに助力無しにサイバートロン星を救うには遅すぎた。すべてのトランスフォーマーが調和して暮らす時代からやって来たため、彼はオートボットとディセプティコンの間に抗争がある事を知らず、その事実を使ってメガトロンは彼を騙し、失われた惑星とプラネットキーへの地図を盗んだ。過ちに気付いた彼はオプティマスプライムと合流し、彼の戦士としての知識と技にかけて、メガトロンより先にプラネットキーを回収するという絶望的な探索を行なう事を誓ったのである。

体力:不明
知力:10
速度:不明
耐久力:10
地位:不明
勇気:10
火力:10
技能:10
posted by シグマ at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:CYBERTRON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

CYBERTRON:ブラー

かつてのレースのチャンピオンであったブラーは何年も前に引退し、以来、若い高速レーサーにレースの機微を教える事で出世してきた。彼は厳しい教師であり、自分を知らない連中に対しては不機嫌になってどら声を放つ。しかし彼の長きにわたる教え子達は、彼の要求の多い性格が優しいスパークを覆い隠しているのだと知っている。彼が自分の下に訓練に来る者達に厳しいのは、彼が彼らの成功も失敗も自分のものとして受け止めるからであり、彼は生徒達にとっても、そして自分にとっても、最高以下のものは求めていないからなのだ。

体力:7
知力:8
速度:9
耐久力:7
地位:7
勇気:9
火力:7
技能:9
posted by シグマ at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:CYBERTRON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CYBERTRON:ラナマック(修正)

人生の大半において、ラナマックはメガトロンのスパイ及び密使として、敵陣の後方にあるディセプティコンの兵士達にメッセージを運ぶ役を務めてきた。しかし、リーダーが失踪して以来、ラナマックは少々退屈を感じていた。あまりに多くのオートボットに囲まれて、彼は大した事を捕まらずには出来なかったのだ。だがオートボットが地球に隠れる事を余儀なくされた現在、彼はオートボットが反撃出来ない人間の見ている前で、無防備な標的を攻撃して彼らを苦しめるという、またとない時を過ごしている。

体力:6
知力:7
速度:8
耐久力:8
地位:6
勇気:6
火力:8
技能:8
posted by シグマ at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:CYBERTRON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

CYBERTRON:ブラー(サイバーコード情報)

この玩具は実はジェネレーション1の超高速トランスフォーマー、ブラーに対するオマージュである。ブラーは1986年、トランスフォーマー・ザ・ムービーの最初の劇場公開で登場し、ウルトラマグナス、後にはロディマスプライムの指揮の下で働いた。ブラーは知られているオートボットの中では最も速く、また、誰も彼の言っている事すら理解出来ないほど早口で話す事が知られている。ブラーはまた、ジェネレーション1のTVシリーズ・シーズン3の殆どすべてのエピソードにも登場しているが、現代のトランスフォーマーの玩具ラインに転生したのはこれが初めてである。
posted by シグマ at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:CYBERTRON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

CYBERTRON:ブラー(サイト版)

ブラーはエネルゴン戦争、アルマダ戦争における鍛えられたベテランである。そしてサイバートロン星最大の危機の時も、彼は故郷を諦めようとする事はなかった。サイバートロン星の他の住民が地球へと避難した時に彼は後に留まり、オプティマスプライムとオートボットがいない間、自らの故郷を守ると誓ったのである。しかし彼は、より不埒な計画を心に持った連中もまた後に留まった事を殆ど知らなかった。ディセプティコンの非番の衛兵出身の危険な悪党であるバズソーが、オートボットの帰還と同時に彼らを破壊するのに充分なだけの力を得るべく、惑星のエネルゴンを可能な限り貯め込もうと企んでいたのである。

体力:7
知力:8
速度:9
耐久力:7
地位:7
勇気:9
火力:7
技能:9
posted by シグマ at 07:10| Comment(2) | TrackBack(0) | テックスペック:CYBERTRON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

CYBERTRON:ダートボス(サイバーコード情報)

スピードプラネットの市民として、ダートボスは2つの事が、そしてその2つの事だけが知られている。1つは路上で最も意地悪で乱暴で気難しいドライバーである事。そしてもう1つは、彼は走る事が大好きだという事で、走って走って走りまくるのである。信じ難い事ではあるが、彼はスピードプラネットの多くのみんなと同じようにビークルモードでいる事を好んでいる。何故走れる時にわざわざ立って歩くのかと――だが気を付けなければならない。道でダートボスとすれ違う時には、テールライトの方向を注意する事だ。
posted by シグマ at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:CYBERTRON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

CYBERTRON:ダートボス

粗野な無法者、スピードプラネットの荒れ果てた僻地における無骨な悪党である。ダートボスの純然たる大きさに騙され、彼を遅いと考える者は、すぐに彼の排気で息を詰まらせながら置いていかれてしまうだろう。彼の生き甲斐は競争相手を土埃の中に弾き飛ばし、その車輪をスピンさせる事だ。もっとも、それは彼が車輪が付いたままである事を望むならばだが。ホットショットは間違いなく彼から厳しい経験を得る事になるだろう。

体力:7.5
知力:6
速度:7
耐久力:8
地位:5
勇気:8
火力:6.5
技能:6
posted by シグマ at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:CYBERTRON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

TFU:サンストーム

役割:航空宇宙兵
忠誠:チャイルド・オブ・プライマス
「抑制されぬ力こそ神の力へ至る真の道なのです」

記録
サンストームの最初の製造が行なわれたのは、サイバートロン星の主要工業地域の一つで反乱が荒れ狂っていた時代の事であった。近くの変電所における暴動の結果、サンストームのモデルタイプの組み立てラインに伴う品質管理が阻害され、電磁的な異常の寄生主が彼個人の設計に忍び寄っていた。この異常はサンストームの基礎核融合炉に連続的、段階的な影響をもたらし、仲間のディセプティコンよりもはるかに優れた、そしてはるかに危険なレベルのパワーを操る事が出来るようになった。その結果、サンストームは自らの上部構造から発せられるエネルギー放射が周囲のシステムに深刻なダメージを与えないよう制御するのに、ほとんど絶え間なく苦しめられる事となる。
サンストームの独特の状態は、自分の強さと能力は何らかの神秘的な起源からもたらされであり、無限の可能性を持つパワーは超自然的な天賦の才のしるしであるという狂信を彼の中に育てた。仲間のディセプティコンにとっては無意味な戯言にしか聞こえないとりとめのない主張を彼はよく行うが、こうした暴発は実際のところ非常に恐れられており、サンストームは自分が事実、生きた神である事をほぼ確信している。

武器/能力
ビークルモードにおいて、サンストームの大気圏内最高速度はマッハ2.0を下回るものに過ぎないが、時速15,000kmを超えて恒星間速度に到達する事が可能である。実際のところ、彼のパワーコアの未試験の能力に基づいた場合、事実上計測不能な速度で宇宙航行を行う事も可能なのである。ロボットモードでは、高速で射出物を撃ち出し、殆どのタイプの高度なサイバートロニアンの装甲を貫通させる事が可能な2つのマスドライバーキャノンを使用する。ジェットモードでは2基の熱追跡ミサイルランチャーを装備している。サンストームが自らの反応炉心の完全制御を維持できている場合、それを使って恐ろしく強力な電磁放射バーストを作り出す事が可能である。

弱点
サンストームの特異な振る舞いに加え、ただ存在しているだけでチームメイトに与える可能性のある有害な影響のため、彼はたびたび重要な作戦から外される。ジェットモードにおいて、彼が熱追跡ミサイルを使用する事は滅多にない。その理由は、標的がミサイルの範囲から逃れた場合、ミサイルが反転して彼自身の実体ある熱反応に狙いを定めてしまう事がよくあるためである。

体力:6
知力:6
速度:9
耐久力:7
地位:5
勇気:8
火力:9
技能:7
posted by シグマ at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:UNIVERSE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

CYBERTRON:スナール(サイバーコード情報)

スカージがジャングルプラネットの「闇の側面」であるとするなら、スナールは紛れもなく「光の側面」である。生命を尊重し、力を必要な時のみに用い、自然と一つになるようアーマーハイドの教えを受けたスナールは、平和を好む思慮深い戦士である。スカージとその癇癪の一つを警戒している時でなければ、ジャングルプラネットの最も深い森の中を走って、木々と木漏れ日を見守るスナールの姿を見つけられるだろう。彼はよく真夜中にお気に入りの場所であるルックアウト山の頂上への道を一人で進む。そこは彼が瞑想し、自分自身の故郷を超えたものについて思いを巡らせる場所であり、そしてもちろん、月に向かって吠える場所でもある。
posted by シグマ at 06:38| Comment(1) | TrackBack(0) | テックスペック:CYBERTRON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

CYBERTRON:スナール

スナールはジャングルプラネットで最も暗く、最も荒れ果てた土地を自由にしている。そしてジャングルプラネットの反乱軍が新たなオートボットの同盟軍と合流するまで生き延びてこられたのは、彼の抜け目のなさによるものである。彼は口数の少ないロボットであり、隠れたり休息したりするよりも絶え間ない行動を好む。一方で彼は賢い戦士にして慎重な立案者でもあって、兵士達を不必要な危険にさらす事は決してない。そして彼の宿敵スカージの拷問にかけられる事のないよう、一人たりとも置き去りにする事はないのである。

体力:8
知力:7
速度:8.5
耐久力:7.5
地位:7
勇気:9
火力:7.5
技能:9
posted by シグマ at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:CYBERTRON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

CYBERTRON:スキャッターショット(サイバーコード情報)

オートボットのオプティマスプライムのチームの中で活動的かつ重要な役割を担っているスキャッターショットだが、実はサイバートロン星のビデオゲームで遊ぶ事が大好きである。サイバートロン星では彼は若い頃、ビデオゲームのプログラマーをしていたものであった。彼の緊張感は戦いにおいては不利に働く事もあるが、この張り詰めた気質は彼の頭脳を明晰に保ち、スキャッターショットは自分の戦略ゲームの知識で、オプティマスが対ディセプティコンの計画を立てるのを助けている。
posted by シグマ at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:CYBERTRON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

CYBERTRON:スキャッターショット

もしかするとこれまで生み出された中で最も神経質なオートボットであろうスキャッターショットは、常に仕事を成し遂げる。地球を守るジェットファイアの右腕として、彼は伝説的な司令官の前でしくじらないようにと、殆ど不可能なほどの高い基準を自らに設けてしまっている。神経質なぎこちなさにもかかわらず、どういう訳か彼は決して失敗するようには見えない。しかし幸運も彼にとっては、宇宙のどこかに巨大な悪業の溜まり場があって、彼の上に降りかかってくる時を待ち構えている証拠でしかないのである。

体力:6
知力:7
速度:5
耐久力:6
地位:4
勇気:6
火力:8.5
技能:8
posted by シグマ at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:CYBERTRON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。