2016年05月06日

TFCCサブスクリプション:ニードルノーズ

体力:4 知力:8 速度:7 耐久力:5
地位:6 勇気:5 火力:9 技能:7

「フォトン・エリミネーター? そいつはとっても2006年って感じじゃないの」

自惚れ屋で外面を気にかけ、常に最新の流行の先頭に立とうとするニードルノーズは、間違いなく戦場で最も洒落たディセプティコンである。最新のサイバトロン文化における斬新なものや人気のものを語りたがるその性格から、彼と遭遇しても引き金を引くことをためらうオートボットは数多い。
2人のターゲットマスターをパートナーにしている。クール仲間に自分を入れてくれるロボットとの共生を楽しむ、冷淡で落ち着いた気性のサンビーム。そしてニードルノーズとは人生観を共有せず形よりももっぱら機能を優先する、ストレスの多い機械整備士のズィパティである。

2挺の心を持った武器とは別に長距離ライフルも持っており、激しい戦闘の中にいることを好まない彼が遠くからオートボットを狙い撃つのに使われる。また4Cと言われる冷凍冷却振動キャノン(Cryo Coolant Concussion Cannon)も持っているが、それは市場で最新の武器であるからに過ぎない。戦争中でも昔の習慣はなかなか直らないものである。
posted by シグマ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

BOTCON2016:エアレーザー

体力:6 知力:7 速度:9 耐久力:5
地位:6 勇気:7 火力:5 技能:7

「女は忍んで目的を果たすのさ」

 ほとんど全ての飛行家たちと同じく、エアレーザーは地面や水面のはるか上を飛翔し、空で過ごすことを好む。卓越したスピードにもかかわらず、空中では物事がゆっくりに感じられ、下界のような衝突や喧騒もなく自由に動き、考える余裕がある。また偵察のエキスパートである彼女が全力を発揮して敵の情報を待機している地上部隊に持ち帰ることができるのも、その高高度ゆえである。

 だからと言って、彼女が戦闘に参加しないというわけではない。隠蔽式のブレードと腕搭載のフォトンキャノンを配備されたエアレーザーは、地上にあっても星々の中にいる時と変わらない有能さを示す。戦場外において他者の力や姿勢を明確に読み取り利用する能力は、大きな集団にとって、そして単独任務を好む者が1対1の状況になった時において、彼女を貴重な人材たらしめるのである。
posted by シグマ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

TFユニバース(マーベル):ドッグファイト

所属:サイバトロン
部隊:トリガーボット
役割:空中戦闘員
初登場:THE TRANSFORMERS #46

「相手の目ん中に光が見えるまで撃つんじゃねえぞ」

プロフィール:
ドッグファイトが空中にいる限り、空は安全に飛べるところではない。敵も味方も同じように、彼には恐怖させられることとなる。運を天に任せるタイプではなく、非軍用の民間航空機に対してまで、自分から離れさせるためだけに接近しての警告飛行を行う。この荒々しく意地悪な空路のストリートファイターは、敵と機首と機首をぶつけ合う、彼が言うところの「破滅のダンス」を踊ることを好む。彼は多くの場合、敵の胴体のリベットが数えられる距離に近づくまで発砲しようとしない。時には空中で一部をロボットモードに変形させて殴り落とすことすらある。燃料が流れ出そうと大した問題ではない……鳩の群が偶然レーダーに入っただけでも彼は空へと飛びだすのだ。コンボイはドッグファイトを落ち着かせるために、感情皮質モジュールを流れる電子パルスを認識し、制御する術を学ぶことで自らの行動を律する修練としてメカノ・メディテーションを教えた。しかし現在までのところ、それは大した成果を挙げていない。ドッグファイトの爆発的な攻撃性は根深いのだ。それは若き日の彼の不決断に由来する。彼はセイバートロン星の集落で航空防衛の任に当たっていた。地上での整備中に、ちょうど生存に必要な燃料の救援物資を届けに来た空中タンカーに対して、遠くでジェット機の編隊が近づいていくのを彼は見た。それが敵なのか味方なのか、彼が決めかねているうちにタンカーは破壊された。その間ずっと、ドッグファイトは地上にいた。燃料が尽きたために、彼の多くの同胞は長期にわたりシャットダウンを余儀なくされ、中には完全には回復できない者もいた。行動を起こすのをためらったせいだと、その悲劇でドッグファイトは自分を責めた。それ以来、彼は決してためらわなくなった。そしてまた、彼にとって全てのデストロンは出会ったら即破壊すべき対象となったのである。

能力:
ドッグファイトは前進翼設計により、ジェットモードで優れた操縦性を発揮することができる。最先端の航法システムにより、常時スピード、高度、そしてこの翼の設計に内在する不安定性を相殺するための方向を調整することが可能だ。最高速度は時速2700qで、最大飛行距離は4800q。ジェットモードとロボットモードのいずれでも、2基の融合反応動力のブロウトーチブラスターで武装している。ジェットモードではブラスターは尾部に据えられ、背後から忍び寄ろうとする敵航空機を驚かせるために後背に向けられている。このブラスターから2本の炎の軌跡を残して、空を高速で突っ走ることもよく見られる。翼端は鋸状となっており、よほど固い鋼鉄の合金でない限りはどんなものでも切り裂くことができる。彼の好む戦法のひとつは、空中で敵に十分接近し、翼端で相手の翼を切り落とすものである。

弱点:
ドッグファイトはより劇的な飛行操縦を行う内に、空中で失速してしまうという脆弱性を持つ。今までのところ彼はその全てにおいて、実際に地上に墜落するより前に体勢を立て直すことに成功している。しかし自滅する寸前まで至ったことも少なくない。
posted by シグマ at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

BOTCON2015:ダイアクロン軍需エキスパート/バーンアウト

体力:6 知力:7 速度:7 耐久力:8
地位:5 勇気:8 火力:9 技能:7

「技能と経験が調和へと導く」

 これまでの人生を通じて、ダイアはダイアクロン計画以外のことを知らなかった。計画が開始されたのと同じ年であり、両親が娘にそう名付けた由来でもある1982年に生まれたダイアに施された教育は、いつの日か入隊することと、メカパイロットとなるための訓練に絶えず専念するものであった。やがて彼女の大志は成就し、メカのバーンアウトとパートナーを組むこととなった。

 多様なメカの中では小型の側に入る傾向があるが、バーンアウトがヒューマノイドモードで備える武器の多さには目を見張るものがある。完全な戦闘状態となれば、バーンアウトはバルスライフルから一面を平野に変える破壊振動弾までの多くの兵器群を屹立させる。ダイアクロンの他のメカと同様、こうした兵器を標的に向けるのと同時にバランスと機動性を維持するのには、メカの中枢コンピューターの搭載された人工知能の補助を受けて調整が行われる。バーンアウトのAIはダイア本人の人格の複製で、どの点から見てもパイロットと同じように決然としていて克己的である。一方でその頑固さも同等であり、本質的には自分自身であるものと口論になってしまうのを避けるため、ダイアがボイスコマンド機能を切ってしまうことも多い。非常に口数の少ない女性であり、彼女にとってはコンピューターの補助なしにスーツを操縦するための激しい身体活動よりも、口を動かすことの方が疲れるのだ。
posted by シグマ at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

BOTCON2015:オートボット前線偵察員/Sgt. ハウンド

体力:7 知力:8 速度:5 耐久力:7
地位:6 勇気:10+ 火力:4 技能:9

「慎重に気を配ることから輝かしい勝利は始まる」

 第三次サイバトロン戦争を通じてオプティマスプライムの斥候を務めた軍曹ハウンドは、残忍なディセプティコンに対するオートボットの勝利に貢献した。特殊作戦将校オートボットジャズとともに、軍曹ハウンドは将軍に対して正確な情報を提供。新たに再編成されたファイヤーストーマー隊はその情報により、メガトロンによるディセプティコン星間帝国の拡張ルートを特定し、さらなる他惑星への攻撃を阻止できたのである。戦闘は軍曹ハウンドが前もって警告していた試験エネルゴン精製所に、ディセプティコンのミサイルが打ち込まれたことで終結した。だがディセプティコンは自滅したものの、その爆発は軍曹ハウンドと将軍オプティマスプライムを、世界に生じた裂け目の中へと放り込んでしまった。
 自らの宇宙における戦争が終わったことで、軍曹ハウンドは新たな故郷での安息を捜し求めようとしていた。だがあいにく数百万年に及ぶ闘争で研がれた軍事技能と警戒能力は、彼にそれを許さなかった。将軍オプティマスプライムが安全管理官チーターの任務部隊に加わった時、軍曹ハウンドも再び上官の下に参陣したのである。思い出せることは戦争と軍務のことばかりとはいえ、優しく情の深い性格は起動した日から変わっていない。彼は多くのローテックと友人になり、その中には同じく元兵士のダイアとクラインもいた。
posted by シグマ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

BOTCON2015:オートボット総司令官/ジェネラルオプティマスプライム

体力:10 知力:10 速度:8 耐久力:10
地位:10 勇気:10+ 火力:10+ 技能:10

「自由は全ての知的生命体の権利だ」

 セクター49Gにおけるメガトロンとの対峙では、ディセプティコンのリーダー自らのアップグレードされた飛行モードと、デストロニウムミサイルの速射、そして副官スタースクリームと合体した時の超高速に対抗するため、より厚い装甲と強大な火力が求められた。ディセプティコン星間帝国の外縁部にあるミルトニアでは、オートボットとディセプティコンの最終決戦となる戦いが、激しく繰り広げられていたのである。ディセプティコンは都市や建物を破壊していった。しかし将軍オプティマスプライムと、軍曹ハウンド、エアレイド、ストレイフ、ジェットファイヤー、そしてオートボットジャズからなる直属のファイヤーストーマー大隊は、素早く、勇敢に立ち上がった。戦況はそれでもなお再び膠着状態へと陥りつつあったが、弾道をそれた一発のミサイルがエネルゴンの試験体を処理中の精製所に激突したことで一変。その結果起きた爆発はメガトロンとスタースクリーム、そして情報参謀サウンドウェーブを蒸発させ、一方で世界に開いた穴は、将軍オプティマスプライムと軍曹ハウンドを呑み込んでしまう。
 アクシオム・ネクサスで再起動した将軍オプティマスプライムは、すぐに全マルチバースの保護を志す正義のリーダー達の集まり――ザ・コンボイに採用された。ザ・コンボイの他のメンバーがアクシオム・ネクサスの上層都市に滞在していたのに対し、将軍はプライムにしては珍しい外見を活かしてローテックの下層都市での任務に当たった。こうした大衆との接触により、彼はトランステック安全管理官チーターにとって貴重な道具となっていった。
posted by シグマ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

TFCC会員配布:マクシマル最高司令官/ライオコンボイ

体力:9 知力:10 速度:10 耐久力:10
地位:10 勇気:10 火力:8 技能:10

「自然の調和は、終わりなき生存闘争によって保たれるべきである」

自身の記憶が遡れる限りにおいて、ライオコンボイは構築者(ザ・ビルダーズ)から、管理する生態系の均衡を守護するよう委ねられてきた。一方で、もしマクシマルまたはプレダコンがそれぞれの敵に対して優位に立つことになれば、それが彼らの社会の衰退という結果につながることは避けられないというのが、ライオコンボイの見方である。戦争の残忍性も、彼にとっては自然淘汰の過程以外のものではない。

ライオコンボイが必ず手にしているタイフーンスタッフは、構築者よりその権威の象徴として与えられたものである。そこから間断なく発せられる催眠パルスは、半径1q以内の有機生体トランスフォーマーをすべて麻痺させる。ライオコンボイ自身にも知られていないことだが、このパルスは彼の内部のエネルゴンマトリクスにも限定的な影響を及ぼしており、構築者にも限界を完全には把握することの出来なかったその力を制限している……。
posted by シグマ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

TFCCサブスクリプション:オートボット前衛巡視員/カーザップ

体力:4 知力:7 速度:10+ 耐久力:6
地位:5 勇気:8 火力:5 技能:10

「今日の失敗よりも先に、明日の勝利を考えろ!」

地球で開始されたG2計画で生まれた若き戦士。生まれたのが日本の筑波研究所にあるブラックロック社の「ブロックタウン」ユニットであったことから、日本文化に対して深い親近感を抱いている。カーザップの人生観は、近くのダイアスピードウェイで行われるレースに対する憧れに大きく影響されている。とはいえ、彼は決して軽はずみではない。彼にとって人生とは、レース場の環状コースのようなものだ。一度のチャンスを逃したところで、時が経てば機会は再び巡ってくるだろうと楽観的に構えているのである。

フォレストナイトから獲得した能力で、自らの精神回路のスピードを1分間だけ6倍に増幅することが可能。自身が「フェーズ6」と呼ぶこの力により、戦闘の流れを落ち着いて判断し、適切な対応を行うことができる。新たなグループリーダーで寛大な外面と冷静な計画性を併せ持つオートボットラピッドに対しては非常に大きな尊敬を抱いている。しかし日本語に影響されたカーザップの英語は、彼らとの間に伝達の誤りを引き起こすことも多い。レース場ではその速さから「天羽々斬(あめのはばきり)」との異名をとり、また彼に受け継がれる日本の伝統を引合いに出して「忍びの速さ」を持つと公言するのを好む。
posted by シグマ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | テックスペック:BOTCON/TFCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

トランスフォーマーユニバース(マーベル):ウルトラマグナス

所属:サイバトロン
役割:シティーコマンダー
初登場:トランスフォーマー ザ・ムービー#1

「堅実さは勝利に通ず」

プロフィール:
ウルトラマグナスはあらゆる面において軍人である。彼が最も落ち着いていられるのは、コンボイ司令官の命令を、自らの優れた戦闘技能、勇気、そして戦場における天賦の即応能力のすべてを尽くして実行する時だ。一方で彼は、その広い両肩にリーダーシップの外套がかかると落ち着いていられない。彼は自らを指揮官ではなく従者と見ており、自分がどうしても指揮をとらなければならないことが明らかにならない限り、権限を引き受けることを嫌がる。しかし最終的に指揮をとることになれば、彼の決断力、公正さ、勇敢さは非難の余地がないものである。仲間や使命のためにはいつでも自らを犠牲にする覚悟であり、可能な限り多くの人々を守るため、惜しみなく準備を行う。

能力:
ウルトラマグナスは48q離れた標的に命中させることも可能な2基のミサイルランチャーを持つ。
posted by シグマ at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

TALES OF BEAST HUNTERS: Chapter 15 GRIMWING

The higher he soars into the unfamiliar sky, the more his mind clears. GRIMWING remembers his time in the Hyperevolution Chamber. He remembers the "lessons" fed directly into his brain by SHOCKWAVE. But he also knows there must be more to the world into which he has been reborn, and he is determined to discover it. That's when his highly sensitive optics spot a Cybertronian signature on the ground below. Judging by the size and power of the stranger, he knows it must be a brother warrior - a kindred spirit. "Yes! Fight!" screeches BLACKBEAK, but GRIMWING shakes his head. "No. We seek knowledge, not battle. For now," he says, and banks, descending towards the distant stranger.

見知らぬ空を高く飛べば飛ぶほどに、彼の精神ははっきりとしてきた。グリムウイングはハイパーエボリューションチェンバーの中で過ごした時間を思い出していた。ショックウェーブによって頭脳に直接流し込まれた「授業」も覚えていたが、同時に彼は自らが生まれ変わったこの世界にそれ以上のものがある事も理解しており、それを探し出すことを決意した。その時、彼のきわめて鋭い目は、地上にいるサイバトロニアンの反応を捉える。その未知の者は大きさとパワーから判断するに、自分の兄弟戦士――同種の魂に違いないと、彼には分かった。「ソウダ! タタカエ!」ブラックビークが甲高く騒ぐ。だがグリムウイングは頭を振った。「いや、探しているのは情報だ、戦いではない。今はな」彼はそう言って体を傾け、遠くにいる未知の者に向かい降りていった。
posted by シグマ at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | TALES OF BEAST HUNTERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。